ホームページを作る人のネタ帳

一般国民とデザイナーの違いは明確である

オリンピックロゴ
このたび、オリンピックエンブレムが取り下げという事で一つの区切りがついたのかなという状態ではありますが、今回の組織委員会の説明に、一般国民というキーワードがとにかく多かったことが気になるところであります。
https://www.youtube.com/watch?v=Xd2bmMrk9ss

私個人としては、模倣か模倣でないかについては、最終的に「模倣しただろ!という人」と「模倣ではありませんという人」の問題であり、その点についてちゃちゃを入れるつもりはありません。あとは裁判で決めていただければと思うところです。
現状では、突然「君、窃盗の容疑あるからと言われ、それが原因で仕事を失い、誹謗中傷をうけている段階」であって、シロクロ決着がついていない限りは、痴漢冤罪となんら変わらないですよね。

で、実際私が気になっている点は、デザイナーと一般国民の違いについてです。

デザイナーって、デザインの理由を語れます


決定的な違いについて、結局のところ私が知っているデザイナーさんのほとんどが、デザインについて明確な理由を、他者に言語や文章として伝えることができるという点ではないかと思います。

このデザインがなぜ良いのか、なぜこの色を使ったのか、どうしてこの形になったのか。

こうしたデザインにおけるプロセスを、1からきちんと話せる人がデザイナーであって、一般庶民との大きな違いです。

つまり、デザイナーはクライアントの要望から、プロセスを踏み、そしてなぜその形に、色になったのかを説明できます。

デザイナー達は、それぞれ作成したロゴやエンブレムが3つ4つあれば、それを酒のつまみに朝まで語らえると思います。

もしあなたが、フィーリングによってでしか作れなかったとしたら、例えたまたま完成した偉大なデザインがあったとしても、それはデザインとはよべないので、次に作るときもまたフィーリングによって作るでしょう。

つまり、フィーリングは他者を介さないあなたの表現であって、きっとそれは、アートと表現してもいいかもしれません。

そこにきて、今回の組織委員会の説明における、「一般国民の理解を得られない」という言葉のオンパレード。
1時間半の間に、何回「一般国民にはわからないが専門家はわかる」という言葉を使ったことか。

しかも、もっとさかのぼって行くと、ベルギー劇場のロゴとオリンピックエンブレムの違いの説明をする時に、委員会は何かを隠したかったんじゃないかというほど、デザインのプロセスについての説明を大幅にカットしている。

私達一般国民は、デザイナーではありません


大前提として、デザイナーでも専門家でもない私達は、デザインにたいして口をはさむ権利もなければ、わかろうとする努力もしません。
もし口をはさむとしたら、それが自分からみて、ダサいかダサくないか、クールかホットか、そういうイメージの言葉しかでません。

ですが、デザイナーならば、そのデザインがどのように機能し、どのように使われることを想定し、どうしてこの形になったのか、色になったのか、そもそも、どうしてこのエンブレムが良いのかを、一般の人がわかる言葉で話すべきだったと思うわけです。

そう、少なくとももっとわかりやすく説明すべきです。その上で理解されないというのなら納得ですが。

これはこちらの記事にも激しく同意。

ただ、あのときの記者会見で完全な悪手を打ったのは間違いないです。どういうことかというと、デザインのプロセスを素人にもわかるように説明しなかったからですね。
例えを出すと、アルファベットの「E」とカタカナの「ヨ」、ひっくり返ってるだけですごく似てますよね。でもこれらはまったく違う文化と文脈とプロセスを経てたまたまアウトプットが似てしまっただけなのはわざわざ説明するまでも無いんだけど、これぐらい明確に多くの人が納得出来るアウトプットまでのプロセスを開示してくれれば良かったんです。
http://anond.hatelabo.jp/20150901191914

正直なところ、もっとちゃんとわかるように説明してくれれば良かったところを、2回の説明で若干の食い違いがでたり、後付が発覚するなど、不手際が目立ちました。

ネット大勝利。んなあほな・・・


エンブレム酷似、ネット発の追及緩まず 「検証」が続々:朝日新聞デジタル
 「お前ら大勝利!」「グッジョブ」。1日昼過ぎ、エンブレムの使用中止のニュースが流れると、インターネット掲示板「2ちゃんねる」は、疑惑を指摘してきた人たちをたたえる書き込みであふれた。
http://www.asahi.com/articles/ASH915QFVH91UTIL02Y.html

各種ニュースサイトでは、ネット民の大勝利、国民がエンブレム取りやめまで持っていく、などと話題になっていると報道していましたが、果たして本当にそうでしょうか。

この影響は少なからず、多くのクリエイターの足かせとなる出来事だと思います。もちろんデスノートばりに、トレースなどの抑止力にも繋がることかもしれません。

ですが、あくまで今回はただの疑いであり、似てるから全部パクリというアホみたいな風潮まで出来上がりつつ有ります。

今回の一件の記者会見で、マスコミの質問にこんなことがありました。

発表する前に、ネットで画像検索すればいいだけでは?
それは、まだ未発表で商標もとっていないものを、一度ネットにアップしなければなりませんので、無理難題です。

では、次にまたエンブレムが決定された時、また同じような問題が起こるのではないでしょうか?
それについては委員会の選考基準がありますので・・・。


なんとも的を射た質問か。

この一連の流れから、ネットはまた何かしらあらぬことを探しまわり、きっと関係ない事でも関係性があるように紐付けて、あることないこと引っ張ってくるでしょう。正直、TwitterやFacebookでそれらをシェアしたことを、今では深く反省しています。

個人が見つけたものがTwitterにアップされ、マスコミはTwitterから我々が見つけたといって得意気にニュースにするでしょう。

また、後任するデザイナーさんも、この状況のあとでは、デザインすることに躊躇してしまうかもしれません。これって日本全体にとっていい事とも思えません。はたして本当に多くの方々にとってこれは大勝利なんでしょうか?
たまに大発生するネットイナゴが、わっさーっと現れて全部ダメにしていなくなっただけのようにも見えます。

正直何が正しくて何が悪いのかというのは、人それぞれのモノサシです。
ある人はこの部分だけは悪いけどここは良いよねとか、この部分だけは正しいなど、今回の一連の流れの中で、複雑な思いをしている人もいるんじゃないでしょうか。

なんにしても、この運営委員会には、もっとシャキとしてもらわないと、このままグダグダが続いていってしまうように感じます。いっそ総入れ替えでもいいんじゃないかなって思うほどに。

そしてきちんとエンブレムについても、次に何かあった時はすみやかに一般でもわかる言語、わかりやすい文章でデザインについて語っていただきたいと思います。

当然ですが、国民全員が納得するようなことなどありえません。でも、専門家デザイナーと一般国民をわけて考えるんじゃなくて、一般国民にもわかってくれる人を増やせば、擁護してくれる一般国民もふえるんじゃないかなと思う次第です。

果たしてあなたは、デザイナーか一般国民か。

それでは、また。
yamada
Posted byyamada

Comments 7

There are no comments yet.

QQQ  

そうだと思います

全くそうだと思います。
同じ意見です。

ただ、みんなが騒いだのは、
1、2万とかの仕事なら、ダチョウ倶楽部よろしく、

「どうぞ、どうぞ」なんでしょうが、
12億? 年間1200億?

パクってどんだけ儲けるの?
その他もパクリ疑惑。

それがまかり通るならうらやましー
という怒りかと。(^ ^)

デスノートの例えは、
旬でもあるし、例えとしてもいいですね。
まさしくですノート。

2015/09/02 (Wed) 20:19

cosmic  

模倣であってもある程度の時間をかけてしまえば、善悪にかかわらず、自己暗示にかかったようにさも自分で生み出したかのごとく語る事は可能なのではと思いました。時間さえかければデザイナーであっても一般庶民であっても。
個人の感性をそれなりの言葉で語ったところで、そもそも聞き手側にその語りを理解しろというのは、プロでも素人でもホントのところ無茶なんだろうと感じます。そこにあるのはきっと共感だけなのでは?
そんな領域に人によっての明確な"違い"なんて果たしてあるのでしょうか。

2015/09/02 (Wed) 21:43

ぽんた  

デザインの理由に普遍性がないならば、説明できることは意味をもたない。

デザイナーの定義は「デザインの理由を説明できること」にあるという意見について疑問をもった。
もしデザイナーの定義がそのようであるならば、今回擁護していたデザイナーたちは皆、佐野氏のデザインについて、佐野氏が意図したことを再現性よく説明できるのだろうか?
はたして、デザイナーは、デザインにそこまでの普遍性をみて評価できているのだろうか?

「理由」が物理法則に従わない場合、その「理由」は後付でどうとでも説明がつけられる。
むしろ、感性でまずものをつくり、あとからそれまでに自分が学んできた知識から適当に理由づけする場合も相当に多いのではないのだろうか。
そうしてできあがったものはデザイナーによるデザインではないのだろうか?

2015/09/03 (Thu) 14:57

speirs  

引用されている画像検索の所は回答が ? でした。


質問者は Googleの画像検索 を意図していたと思うのですが、類似した画像が無いかGoogleの画像検索を使うのに商標登録前だの、それを公開するかしないか関係ないと思ったのですが認識が間違っているでしょうか。


また騒がれないようにネット利用者が探すような方法を事前に使って、調べればいいじゃない?という点ですが、

組織委員はその探してくる方法をまるで理解できていないようなので、コンサルが必要かと感じましたね。

2015/09/03 (Thu) 19:44

JANJAN  

No title

今回の騒動について思っていたことを言って頂いた気がして、とてもスッキリしました。
佐野氏の事務所の写真流用等の不手際等が無ければ組織委員会も決定したエンブレムで押し切れていたような気がします。
ネットでは今回のデザインが発表された当初から不評の意見が多かったようでした。
しかしそれもオリンピックのエンブレムとしてイメージしやすいデザインからかけ離れていた、ある意味斬新なデザインだったからだと思います。
今回の騒動のせいでオリンピックエンブレム問題が今後迷走しないように祈らずにはいられませんね。

2015/09/04 (Fri) 02:38

sow  

No title

僕もデザインの仕事をしていますが、デザイナーの定義に少し疑問です。
デザインとは見た人にそのデザインが持つ意図が伝わらないとダメだと思います。
今回の佐野氏のエンブレムからは佐野氏の言う躍動感やダイバーシティなどというものは一切伝わってきませんでした。
これがどこかの企業のロゴだったら良かったかもしれませんが、ここまで加熱してしまったのはそもそもエンブレムがオリンピックに相応しくない、オリンピックぽくないというところが大きな要因だったのではと思っています。
オリンピックのロゴはもっともらしい説明なんかなくても
勢いやワクワク感があればいいのではと思いますけどね。
お祭りなんですから。

2015/09/04 (Fri) 02:48

qqq  

わかるけど、そこなのか?

確かにもっと万人にわかりやすく説明できれば、此処までの事態にはならなかったかもしれません。
しかし、ブログからの写真の盗用、バッグにおけるフランスパンや看板のデザインは明確な著作権違反です。それは同一人物の仕事である以上、「別件だから」では済まされません。
「一般庶民」はそれについてどうなのか?と尋ねている(叩いている)のだと思います。デザイナーの定義とか、どうでも良いのです。

2015/09/05 (Sat) 21:02

Leave a reply