デザイナーが嫌がる痛い客のありがちな行動・クレームの対処法

  • 2007/11/13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

デザイナーが嫌がる痛い客のありがちな行動・クレーム

デザインというのは、企画段階でその姿カタチが、見えにくいものであり、それゆえに、客はものすごい要求をしてくる。こちらがプロだという意識が過剰になり、何でも出来ると思われていることが間違いではあるが、皆様もこんな問題は無いだろうか。

記事の内容を見るとウェブデザイナーを対称にしている感じ。
ウェブデザイナーには様々なクレームが付きまとうものですが、ちょっとした事で解決できることが多いので一応記事に。

ただ、私は確かに制作はするも、ほとんど下請けにだしたりするので、ウェブプランナーとしての意見となることを先に言っておきます。
IT/Web業界に強い転職サイトGreen

クレーム解決マニュアル


◆要求が抽象的

なんか、グレーな感じ、明るい感じ・・・などなど・・・。意味不明の要求仕様を突きつけられるも、当然のごとく意味不明なので、それだけでは判りませんと、反論。挙句の果てに『プロだろ?なんで判らないんだ!』と、ものすごい偏見たるプロの妄想を我々に突きつけてくるという恐ろしい事態に。

ウェブ製作に関して言えば、初めて何かを作ろうと思うお客の言葉というのは、私たちウェブ屋からしてみたら、まったく意味不明なのは当然で、当たり前と思ったほうが気が楽です。

逆にこちらが言っている事が相手にも伝わらないという事にもなります。

お客が望むもの、それはすなわち、目立ちたい、作るからには豪華、人がいっぱい来るサイト、売り上げが上がるサイト、という単純なものです。

プロであるプライドよりも、わからないことをわからないと伝え、いかにして相手から様々なデザイン要求を聞き出すかをひとつのスキルととらえたほうが良いことが多いです。


◆サイトアクセスが少ないから、ありえないバナーを作らせる。

とりあえず要求どおりにつくるも、客寄せになるポイントとなるものが一切無く、案の定アクセスが伸びず、それでまず客の行動は『目立つようにして!』

しかもありえないほどのバナーサイズを要求。せっかくデザインしたレイアウトが崩壊寸前。まあそれで客が納得すればいいんですが・・・。

ここはプロであるならば、プロらしく説明しきることが大切かなと思います。

事実、バナー画像よりも、テキストリンクのほうがクリック効果が高いのはウェブ屋が持つ知識なんですから、しっかりと説明し、相手にバナー画像のデメリットを伝えてあげることが、お客のためでもあります。

また、アクセス数が少ないというのはページ数が少ないから、とか、ある程度のアクセスを流通させるだけの事をしていないことになります。
私はページ数が少ない場合、そのデメリットを確実に伝え、それでもいいというのであれば作ります。当然、その後のクレームも、最初にお伝えしたとおりと言うためでもあり、お客に無駄な制作費を出させないためでもあります。


◆打ち合わせた事をすぐ忘れる。

そんなことは行った覚えはない。といわれる。
そういう時はメモを取ればいいのですが、メモとっても、狂気と化した客の前では決定的な証拠にはならず、じゃあボイスレコーダーでも用意してやろうか?といいたくなるほどである。

10年もウェブ制作していれば、これは常識でもあります。

お客は打ち合わせをほぼ確実に覚えていません。
そこで、私は写しが可能な複写紙を打ち合わせに持ち込んでいます。
打ち合わせたことは文章として残し、お客様にも私、写しを自分でも持ちます。

ウェブの制作は、かなり高い確率で相手の要望がそのときそのとき変化するため、作業が倍以上になり、コスト的にクレームを食らうと、赤字になったりすることがあります。

仕様については確実に3色ボールペンを持ち、お互い言った言わないにならぬよう、紙として残すのが吉です。


◆提供素材がほとんど小さ過ぎる

10ピクセル×10ピクセルの画像でどうやってトップ用の画像にするのか、一度客は、想像するだけでもお願いしたいのだが、出来上がってから、『なんでこんなに画質が悪いの?』とクレーム。
(お前の素材が悪いんじゃ!!といいたくなる

こんなのはお客はわからない。
だからこそ、必ず小さい画像はそれ以上にならない事をはじめに説明し、書面として渡してくる。こんなのはクレームではなく、自分のミスと言える。


◆提供素材がほとんど著作権的にまずい

どこかで見覚えのあるキャラクターに、明らかな無断転載写真。これを平然と載せようと思う客の魂胆がわからない。挙句の果てに、このサイトから拾えばいいじゃんとか言い出す始末。
某、遊園地と同じレベルだなこりゃ。

これは良くある。本当に良くあることです。
私が最初に渡す書面の画像について、という項目には、上のものとこの項目の問題を避ける規約を最初に判を頂き、解決します。

・他サイトにある画像を使用することは著作権法に反します。ご利用に当たっては、そのすべての責任を御社で請け負っていただくことになります。万が一不安なことがあれば、ご相談ください。

これくらいはっきりといっておいたほうが、相手も納得しますし、あなたの信頼度も必ずアップします。この人はちゃんとわかってるんだなと思ってもらうことが大切だと思います。


◆提供素材が全部パンフレット

PC初心者なのはわかるが、せめてデータで欲しいものである。写真などは全部スキャニング・・・。それだけでも費用が欲しいものである。

これはほんとつらい。ほんとにつらい作業です。
手間と時間が確実にかかります。
私はスキャニング代だけは別途もらうようにして解決しています。
価格はA4一枚1000円です。


◆膨大な原稿が全部パンフレット

10000文字以上あるであろうテキスト原稿すべて手打ちしなくてはいけない罠。この作業量も欲しいものであるが、客にはわからんのだろうな。

ウェブの文章はほぼすべて私が作ります。
パンフレットの文章で、売れるホームページを作れたためしがありません。

ですからこうした問題はまた別問題。


◆サイト公開後に修正依頼

あれだけ、公開前に『もう修正はありません』と豪語したにもかかわらず、ダラダラと修正依頼。もう公開したんだから通常修正はできないという暗黙のルールも、自ら破るというプライドを捨てる仕事を日々こなす。

これも最初の書面でルールを作らない方が悪いといわざるをえません。
制作には時間がかかり、時間がかかるということは、それすなわち労務費が発生します。
私は公開から1週間はいくらでも修正します。

ですから、お客様も、必ず1週間ですべてを必死になって確認してもらいます。
誤字脱字は、こちらの落ち度ですから、いつでも修正しますが、それ以外は修正にいくら必要なのか、新規ページにいくら必要なのかというのを明確にお伝えし、紙として渡すようにしています。
でなければ、ウェブ屋はいつまでたっても赤字になってしまいますよ。


◆文字変えるだけでしょ?

文字が変われば、文字数変わるって事なので、レイアウトが大幅に・・・略

いわんとしている事はわかりますが、これは多分永遠のテーマ。受け止めるしかありません。


◆ぜんぜん人こないじゃん?

デザインさえよければ人が来ると思う客。痛い。

ごく普通の意見です。

作るホームページは動きがあり、派手で目立つ、そんなものを理想とします。

私はデザイン云々ではなく、いかにお客に利益があるのかをテーマに仕事を請け負います。
ここがデザイナーさんと違うところかもしれませんが、デザインが悪かろうと、ようはお客に利益さえあげればいいのです。
お客は他のサイトをみて、デザインをとにかく一番に考えるものです。
これはごく一般的なこと。

でも、お客の要望デザインを追求した結果、サイト内滞在時間、売り上げ、アクセス数などに悪影響があるようであれば、デザインがどうのというお客さまの要望も、きっちり断ります。

それこそがプロの仕事だと思いますので、きちんとそれを伝えなければならないのです。
それで相手が納得されなければ、私は仕事を請けません。

お客のためにもなりませんし、まして人が来ないサイトを作るのは、自分の為にもなりません。


◆要求どおりに作るも、なんかヘンだね。

いいたい放題のヘンな要求を呑むも、具現化すればそのヘンな要求があからさまに見えてくる。そこで『なんかヘンだね』。いやいや、それは打ち合わせのときにヘンになりますよってあらかじめ言ったじゃないですかと、言っても、それは聞いてないと・・・。もはや客というのは、死ぬしかないRPGのイベントボスキャラみたいなもんで、怒りが収まるのをじっと耐え続けるしかないのか。

変な要求は呑まない。変になるとわかるものを作らないから信頼を得られると私は思います。


◆まる投げ

会社や、企画のパンフレット渡されて、「はいこれで」。
・・・一瞬凍るもすぐに気を取り直し、どういうものかこと細かく聞くことにするのだが、ここで痛烈の一言。
『何でアンタプロなのにここまで言わないと判らないの?子供ですか』

殴りたくなる。

これも良くありますね。
だからウェブ作成のパンフレットに私はでかでかとこう書きました。
『丸投げは請け負いません。丸投げするなら他に頼んでください』


ウェブ屋の仕事とは


と、ここまで色々言ってきたわけですが、システム開発でも同じようなことが良くあります。

ほんっとによくあります。

もう我慢することがよくありすぎて、地味に笑えないクレームでもあります。

ウェブ制作を始めて4年くらいはこの苦悩を味わい続けましたが、いつしかあきらめました。
そしてそれらを解決するべく、書面のやり取りを確実に実行するようにしました。

また、最初はどんな仕事でも請けていました。
そしてお客の無茶な要望にもすべて答えていました。

でも結局、お客の要望では売れないホームページになります。
ほぼ9割なります。

いつしか私は、売れないページをわざわざ作ることに嫌気がさし、それでは売れません。駄目ですと、はっきり言うようになってしまいました。

ところが、最終的にお客の利益がでるホームページさえ作れば、信用もあがり、様々な仕事をもらえるようになり、口コミでも広まり、仕事は休みなく増え続けます。

私個人が思っているだけのことかも知れませんが、ウェブ屋の仕事とは、お客のホームページに対する要望を聞き入れる事ではなく、ホームページによってお客の利益を出すことです。

だから利益にならないことはしませんし、売りません。

昔私はウェブデザイナーと名乗っていましたが(デザイナーとしては3流です)、今はプランナーと名乗っています。

ウェブをデザインすることよりも、読み応えのある文章を作ってあげたり、アクセスを作るための方法を教えたり、お客様自身にブログを書いてもらうように指導したりという労力に力を入れています。

つまるところ、最後にものを言うのは、ホームページで利益を出したいというお客自身です。

だから丸投げなど言語道断。
ぱっと丸投げされたものを、まったく知らない商品のパンフレットだけ渡されて、心に響く言葉など作れるわけがありません。

売りたい!というお客自身の言葉なくして売れるわけがないのです。

そこを間違わなければ、きっとクレームは減ると思いますよ。

ではでは。生意気言ってごめんなさい。

スポンサーリンク

トップへ戻る

Twitter版のネタ帳では毎週月曜~金曜までWeb屋さんに役立つ色んな情報や単なるネタまでをつぶやいています。

関連するエントリー

コメント

この記事にコメントする人はクリック

コメントポリシーをお読みください
管理者にだけ表示を許可する

RJ

自分はコピーライターなのですが、同じようなことがよくあります。
そのスペースにはどうやっても入らないのでは、
という膨大な文字打ちをさせられたり(結局入らないので削除)、
印刷後に赤字が出て、こっちの責任にさせられたり...
「そのぐらい、言わなくてもわかるでしょ」と怒鳴られた経験もあります。

やはりクライアントには完成図を想像する力はないので、
「それやったら、こうなっちゃいますよ」と説明するなり、
実際にやってみせるなりってことが必要なんでしょうね。

ところで、ウェブのプランナーさんが文章まで書かれているんですか?
ウェブにデザイナーだけいて、
コピーライターがいなさそうなのが不思議でしょうがないんですが。

2007/11/13 Tue 13:54| |

akira なにも提案しない客

はじめまして
僕は数ヶ月前まで学生アルバイトとして
Webのデザインの仕事をさせていただいていました。
その中で出会った特徴ある客のできごとです。

普通なら、打ち合わせのときに客の要望を聞くものですが
その客は打ち合わせのときに何にも要望を言ってこなかったのです。
「わたしはWebに関してはわからないので、あなたにおまかせします」
「あなたがいくつか作ってきたデザインの中から選びたいと思います」
それしか言いませんでした。
今思い返せば、「丸投げ」にあたると思うのですが
その時はいかんせん知識と経験がなかったものですから、
よろこんでお引き受けします!と意気込んでデザインに励みました。

で、いざ客に見せるときになったらボツの嵐。
「これはうちの社風にあわないから…(なんたらかんたら」
「前のデザインがよかったから、それとこれをこうして(うんたら」
こんな時になって意味不明な要求の連発。

死にたくなったのをよく覚えています。

2007/11/13 Tue 15:06| |

Yamada

>RJさん
小さな弱小企業ではコピーライターを雇うだけの力がないのです・・・。

>akiraさん
はじめまして。

心配要りません。
私も同じ事で死にたくなった事がありますよ(笑

何事も経験ですよ。
次に失敗しなければいいと思いますよ。

2007/11/13 Tue 16:18| |

疾風

まだまだまだまだ全然デザイナーではないけれでも、なんとなく分かる気がします。
パソコン初心者の友達がパソコンについて意味不明な質問をしてくることが良くあるので。。。
「プログラミング言語って、話せるの?」とか言われた時は、流石に吹きましたw…これぐらいなら可愛くていいもんですがw

2007/11/13 Tue 17:56| |

名前を名乗れない人 ミィ

いつも楽しく読ませて貰っています。

webデザイナーとして、すごく共感しました!

やっぱり最終的には、書面にしたり、我慢したり、
自分がなんとかするしかない場面が多いですね。

がんばろうって思いましたi-184

2007/11/13 Tue 20:48| |

syrup

ほんとに、よくある事ですよね。
しかしよくある事であり、業界にいる期間が長ければ長いほど、
仰るようなあらゆる対処法は考え付くのでは?と思いました。
そしてお客さんが大抵は素人であることも忘れてはいけない。
彼らが具体性を持って提案し、なおかつある程度まで出来ちゃったら
それはそれで自分たちで作れてしまいますよね。
分からないから依頼してきているわけで。
そこは彼らのキモチになって伝えるべきです。

2007/11/14 Wed 00:33| |

やっちゃん はじめまして

いつもいろいろな参考に拝見させていただいております。
私もウェブプランナーという立場で仕事をしていますので
このエントリーにはとても共感しました。
いろいろ気をつけていますが、やはり何かしらのトラブルは定期的にやってきます。
事前にトラブルを防ぐ(予知する)能力も経験を積んできたつもりですが多くの案件のすべてがうまくいくことは無いと思います。
いかに0に近づけるかが勝負と思って試行錯誤しています。
なんとなくですがお客様と話していると直感で分かったりしますよね。ああなんかやな予感・・・と。

ところでこのエントリー、なんとなくですがお客様に対しての表現が上から目線のように感じました。
同じ立場(プランナー暦2年の30歳ですが・・・)で読む限り
少し違うのでは?と感じる部分もありました。

制作者スタンスとして仕事としてはシビアに考えなくてはいけないと思いますが
もっとやさしい表現は出来なかったでしょうか?
山田様もお客様を抱えてるわけですし。
(影響力のあるブロガーは~~みたいな事を言うつもりはありませんよw)

でもこの表現だから印象に残って良いエントリーになっているとは思ってしまったのですが。

そんな私は無謀なこと言うお客様の仕事をこの時間までやっていたわけですが。
正直私がこの内容を書いたらもっとひどい表現になってしまいそうです。ああ矛盾・・・。

2007/11/14 Wed 02:36| |

Lee 通りすがりですみません

はじめまして。
以前僕は小さな広告代理店にいて、クライアントからの
web制作などを外注のプランナーさんやデザイナーさんと
一緒に手掛けていたのですが、思わず「ウンウン」うなって
しまいました。

当時は立場上どうしてもクライアントの味方にならざるを得ない立場に
あったため、関係者には多大なご迷惑をおかけしたものです^^;


転職してからは僕がクライアントとして(別の)プランナーさんや
デザイナーさんとお仕事していますが、おかげさまで良好な
人間関係を気付けています^^

たぶん無知なクライアントと制作者は相いれることのできない
関係なのだと思いますので、「プロ」としての仕事を全うすることが
結果としてクライアントの利となる、というのは全くもって
その通りだと思いますよ。言いたいことは言っておかねば、ですね。
たぶん

2007/11/14 Wed 14:39| |

ナイト そっちょくなところ、疑問を感じました。

プランナーという落とし所はなるほどと思いましたが、
デザイナーという切り口では、顧客の要件をまとめあげられない
ただの人に終わっている点が残念です。

>クライアントに完成図を想像する力はない。

ここをどうするか、クライアントもデザイナーも、
もっと歩み寄って追及をしたいですね。

2007/11/14 Wed 17:05| |

Yamada

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-249.html
以前書いた記事ですが、3色ボールペンという文にリンクを貼り忘れていました。

クライアントの完成図を助ける為の私の行っている方法です。

2007/11/14 Wed 18:54| |

不動産屋 顧客の視点から

私は前職と現職で、パソコンにやインターネットサービスに詳しかった為、Web関係の部署に配置されました。

自分でHTMLを書いてみたりするのも好きでしたので、未熟ながら技術的・デザイン的な部分も詰めながら、まさに上記の様に、メモと打ち合わせ後の内容確認とサイン、さらに自分のPCに戻って一応メールで内容の再確認と自分自身が不明な部分も多かった為、慎重に慎重を重ねました。

私自身さすがに理不尽な事を言うほど無知ではなかったので製作会社の方はものすごく喜んで頂けました。

どうやら聞いたところによると前任者はエントリーに書かれているとおり「丸投げ」タイプだったようで…

ただ、顧客側の視点からすれば、実は意思決定権者の意識改革が非常に困難でした。
その辺は皆さんが顧客にお話する内容となんら変わりがなかったかと思います。

ただ、何度かそういう事があって分かったのは、
Web屋は新技術・手法のインプットだけでなく、知らない人に知らない事を平易に伝える技術を学ぶべきだし、
顧客側は知らない事を知ろうと学ばなければならないなと。

特に30代後半ぐらいから、本当に人間は学ぶ事をしなくなりますので…
双方の頭の硬さをどうにかするソリューションを考えた方が早いかもしれません。

2007/11/16 Fri 12:49| |

Excentric*Kanon はじめまして

mixiのマイミクの日記から飛んできました。
いやぁ、激しく共感、もう感動です!
今日はもう出かけなければならないのでまた読みにきます。
それと多分、自ブログで紹介させていただきます。
よろしくお願い申し上げます。

2007/11/18 Sun 08:00| |

hatchiy 激しく同意っ


Kanonさんが言ってるのは たぶん自分のことかとww

常日頃 社内オーダーに対して思ってたことが
がつんと書かれていて すっきりしました

2007/11/20 Tue 07:50| |

hajime Webデザイナーしています。

Yamadaさん、こんにちは。
覚えていてくれると嬉しいのですが hajime です。

私はかれこれ4年くらいWebデザイナーしています。
今回の記事、共感する部分や勉強になる部分もあり、楽しく拝見させて頂きました。

請け負う案件の種類や立場が私とYamadaさんとでは違いが当然あると思うのですが、私は「丸投げ」されると燃えるタイプです。
しかし納品後、もしくは制作途中の確認で理不尽と思える修正がお客様から入ります。
もうそんな時は私もデッドボールを喰らった黒人バッターのような顔になってしまいますがw

そんな時の私の対処法はいやらしい話ですが金額の釣り上げです。その修正にはこれだけの時間と労力・・・などと説明し相当の金額+α(黒人バッターをなだめる金額)を要望した上で、現在のデザインの主旨を伝え修正しても効果が期待できないことなども伝えます。
すると結構「このままで良いかな」なんてお客様が多いように思います。

矛盾してしまうかも知れませんが、それでも「丸投げ」は好きです。「丸投げ」されて納品し修正が入らずお客様に喜ばれた時、私の心の中では胴上げやらビールかけが始まるからです。

現在、納期の迫った案件を寝る間も惜しんで制作中なので、人様のブログを楽しんでる場合ではないのですが、落ち着き次第、私もYamadaさんを真似て「対処法」と言いますか「心持ち」のようなものを記事にしてみたいなと思いました。

癒し系記事ありがとうございました。
また覗きに来ます!

2007/11/24 Sat 10:09| |

Yamada 覚えていないわけないじゃないですか

このブログのテンプレート創始者の名前を忘れるわけ無いじゃないですか><

わざわざコメントをありがとうございます。

この問題は、最終的に『金額』という結論になってしまうのですが、単価が高いものはいくらでも変更できますし、限界ギリギリで請求をだす私は作業が増えるとこちらが運営できなくなるので、あらかじめ打合せをしておき、きっちり金額のお話も進めなければなりません。

どうやらスキャニング代が高いという意見もありますが、スキャンして画像を加工してとやっていれば、それ相応の作業労務費がかかります。高いと言えてしまうのは、それはつまり、請負単価がただ高いか、もしくは、それを予想した金額を請求しているだけの違いではないかと思いますし。

なんにしても、黒人バッター対策は重要ですからね(笑)



2007/11/24 Sat 13:13| |

hajime 感激です!

以前に増して人気ブログの管理者に成られたので、過疎化系ブログ管理者としては覚えて頂けて嬉しい限りです!

主観ですがスキャニング代は妥当に思えます。
ゴミやキズを除去したり色調を補正したりと以外と面倒ですし、もし取り過ぎたと感じた時はサイト内の他の素材の細かい加工など還元できる部分は色々あると思います。

金額に関しては後から釣り上げるのは私も得策ではないと感じているのですが、デッドボールは痛いので、ついつい脅し文句変わりに口走ってしまいますw
私自身が個人で請け負っていると言うのも要因かと思います。

これからも訪問する度に刺激を受けさせてくれるブログとして楽しみにしています^^

2007/11/24 Sat 15:19| |

almond はじめまして

デザインの仕事をしている者です。
私はグラフィックの方ですが、クライアントのむちゃくちゃな要望で
なんだか混沌とし、同じ想いをしている方がいないかとか、色々検索していたらここに出会いました。(こんな変な理由で見つけてしまいすみません・・・)
記事を読んで、なんだかホッとしたというか、
やはりどの業界でも同じことがあり、皆さん我慢したり、解決方法を見つけたり、頑張ってらっしゃるのだと思い、心強くなりました。
やはり愚痴を言うのは簡単ですが、それをどう解決していくか、
こちら側にも変えていかなければいけないことがないか、考えていくことが大事なのですよね。
広告を打ったり、WEBを作ったりして、利益を出したいということと、
クリエイター側のいいものを作りたい、という根本の動機は同じはずなのに
なんだか、上手く行かず、結局双方心から納得するものが作れないのが現実です。私の場合経験不足も大きな原因なのですが、コミュニケーションの部分で意思疎通できていなかったことがあったのだと思います。
壁をたくさん乗りきって、良いデザインが作れるデザイナーになりたいと思います。
あとで他の記事も拝見させて頂きます!

2008/10/29 Wed 23:33| |

Myk 染み入りますね

私もデザイナーですが、営業やプランナーのいない会社なので
このエントリに上がったようなお客様対応も全て一人でやっております。
まあ、「クライアントってこういうモンだししょうがないよ」と思う一方、
自分の中のアイディアが固まらなくて混乱しているクライアントに、
問題点や方法論をとくとくと説明して、マトモな形に導いていくのも、
楽しい作業だと思えるようになりましたw

ただ、「こちらとしてはどうしてもナットクしづらい変な要求だけど
強く推されたから具体化してみたら、やっぱり変なサイトになったのに
思い通りになったとクライアントは満足」というパターンは
いまだに困りますねw
そこでこの記事にあるように「やっぱり変だね」と向こうも
気づいてくれればまだいいのですが…
個人の趣味はそれぞれですから、そこはグッと我慢しますけど。

それはそうと、カタログから写真やテキストを取れ、と
渡された場合、私は「カタログを作った印刷会社を紹介して」と
言っています。
五分五分ですが、運がよければ印刷用のデータを丸々
もらえるので、作業が大変はかどるのです。

あと、「アクセス数が…」と言われる場合も往々にありますが、
デザインだけではどうしようもないので、基本的なSEO対策を
施した上で、Google WebmasterToolなんかを教えてあげると
「この対策のおかげで今日はこんな風なランクになった!」なんて
喜んで取り組んでくれたりするので、それも楽しいですよ。

2008/10/31 Fri 22:27| |

りつき WEB制作会社を運営しているものです。

うちでは、デザイナー外注あわせて6人くらいいるのですが
やはり、1番人気のデザイナーはどんな仕事でもデザインクレームがでたことないです。
逆にあるデザイナーに作らせると
いつも客があんまり気に入ってない感じがわかります。
両者には確かに差があるけれど、素人の方がそこの嗅覚はあるかもと思うようになりました。

よくいう事ですがクライアントの表現の場になってしまうと、ドツボです。
特に、今までやった仕事で共通しているのは、素人+クリエイター+やる気あり
気をつけたほうがいいです。
最近は第一印象でだいたい、この客やばそうっていうのはわかるようになったのですが、仕事無いときとかわかっていても仕事とっちゃうとあとが大変です。

零細企業の悲しい性です。

2009/02/07 Sat 00:28| |

プロフェッショナル プロでしょ!

はっきりいいます。プロでしょ!
プロはすべての事に応えるべき、仕事をする。
でなければ、費用は下げる事。
ココに挙げてある項目、客の目線から言わせてもらうと、こう思う。
IT関連業種の人はみんなそう!
我々、プロダクトデザイナーとしては、IT関連はぬるすぎる。
もう一度、手綱を締め直して、やってもらいたいもの。

2011/08/01 Mon 18:48| |

内山 No title

ありえないバナーっていうと、この中京リファインという会社のサイトが典型的にひどいと感じます。

http://www.refine-japan.co.jp/

2016/03/24 Thu 17:47| |

トラックバック

この記事にトラックバックする人はクリック

デザイナーが嫌がる痛い客のありがちな行動・クレームの対処法

デザイナーが嫌がる痛い客のありがちな行動・クレームの対処法 「ホームページを作る人のネタ帳」より引用 デザインというのは、企画段階でその姿カタチが、見えにくいものであ...

J-SEO「ネット関連情報」:2007-11-13 09:09

WEB制作に関わる者として持つべき意識

デザイナーが嫌がる痛い客のありがちな行動・クレームの対処法 私個人が思っているだけのことかも知れませんが、ウェブ屋の仕事とは、お客のホームページに対する要望を聞き入れる事ではなく、ホームページによってお客の利益を出すことです。 だから利益にならない...

激烈!乙女度向上化推進記録簿:2007-11-13 10:10

依頼

つまるところ、最後にものを言うのは、ホームページで利益を出したいというお客自身です。 デザイナーが嫌がる痛い客のありがちな行動・クレームの対処法*ホームページを作る人のネタ帳

名言で読む「はてな」:2007-11-13 19:10

ウェブ制作依頼する前に読んで!

ウェブ制作を近々依頼しようと考えている方は、是非こちらのブログをご一読ください。 デザイナーが嫌がる痛い客のありがちな行動・クレームの対処法 ウェブ制作側が頻繁に直面する顧客との珍話が書いてあります。

社会起業家.com:2007-11-13 20:41

撮影してないものは編集できないのです

AD時代のことをふと思い出しまして。 FC2ブログのサービスサイトに入ると、「人気記事」というのが目に入るデザインになっています。 今日は下記に引用したYamadaさんの「ホームペー...

LOVE! HEROES!:2007-11-14 01:49

( クレーム )についての最新のブログのリンク集

クレームに関する最新ブログ、ユーチューブなどネットからの口コミ情報をまとめてみると…

クチコミコミュニケーション:2007-11-25 10:50

違う文脈でも成り立ちそうな話

しばらく前にWeb徘徊してて見つけたもの。忘れないようにメモ。 別の文脈でもこれらっぽい話って結構あちこちであるかも。 或る病院の一...

テキトーな備忘録:2009-01-01 00:06

FC2Ad

広告


IT・Web業界の求人なら転職サイトgreen(グリーン) ホームページテンプレート、WordPressテーマ、Facebookページテンプレートならクラウドテンプレート ネットマーケティングとは│ネットマーケティング検定 SEOコンサルティング&SEO対策 無料レスポンシブWebデザインテンプレート 広告主募集

あわせて読みたい
フィードメーター - ホームページを作る人のネタ帳

人気の記事一覧

あなたのブログの再訪問者を増やす50の方法

私の経験から感じた事を書き記します。全てが全てその時々で、正しいとは限りませんが、一つの指針としてお使いください。因みに全部リスト化すると230くらいありましたが、それはきっとセミナーとかでやるかなぁと。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-824.html

あなたの生活を確実に拘束し時間を浪費させる動画50

今回は生産性を向上させる事ばかり考えて記事を書いてきたので、逆に年末にかけて忙しい皆さんの時間を出来るだけ拘束し、忙しさを倍増させるものが無いかを考えました。その結果、動画で行こうと言う事になったのが1ヶ月以上前。動画閲覧本数はおそらく600本以上。その中から、おもしろそうなものを50個ベストチョイスいたしました。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-820.html

webデザインのセンスを磨く○○系のwebデザインまとめ

webデザインを学ぶならwebデザインから。と言うわけで、今回は海外のエントリを中心に、○○系のまとめをまとめます。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-817.html

jQueryプラグインのベストトレンド総まとめ2010

もはやこの業界ではかなり浸透しつつあるjQuery。今回はそんなjQueryにスポットを当て、本年度紹介された中でも、ホットなトレンドプラグインをご紹介します。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-816.html

ツイッターの日常における35の行動パターン

私が良く見かける35の行動パターンに名前をつけてみようと思う。年末の誰も見てない時に公開しようと思っていた、ただのネタだったのですが、結構時間がかかりこの時期に・・・。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-823.html

ウェブデザイナーのためのウェブアプリ15

OSがWindowsであろうと、ubuntuであろうと、共通のサービスを受けることができるのがウェブアプリケーションです。ウェブデザイナーの中には、自宅ですでにubuntuを利用している人も多い。また、Mac、Windowsと、各自それぞれの使いやすい物を利用していると思います。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-784.html

愛用するGoogleChromeエクステンション12個

この2年でノートPC2台購入。自他のPCはクラッシュしてリカバリー。会社のPCは新しいのがあたり、再セットアップ。そんなこんなで、会社はまぁともかくとして、とりあえず全PCが比較的3ヶ月に一度リカバリーしてもいいように、自分用にメモとして残しておきます。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-784.html

文章や会話のプレゼンテーションを向上させる方法

文章力がないためにプレゼンに失敗した、会話がうまくできずにプレゼンに失敗した。こういう経験はなかなか無い。なぜなら多くの場合、失敗したことに気がつかないからです。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-802.html

サイトの裏側の意識を変え売り上げをアップする方法

ネットショップ運営者が、あることをちょっとだけ始めてみただけでわずか5ヶ月で売り上げが3倍になりました。はたして、webサイト運営がどのように変わったのでしょうか。。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-749.html

webサイトのリピーターを増やすさりげない5つのコツ

多くのビジネスサイトのアクセス数を支えている大手検索サイト、Yahoo、Googleのアルゴリズムが変わる事で、突然商売がひっくり返る事態を回避する方法。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-746.html