スポンサーサイト

  • --/--/--
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親父よ。あんたは幸せだったのかい?

  • 2008/06/20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

webに全く関係のない、ほんとにどうでもいい事をかきますので、興味ない人は閉じちゃってください。


6月、父の日に毎年私は父親に対して何もしない。
今までも、一度たりともした記憶がない。

中学3年の12月。

親父は入退院を繰り替えし、高校1年、夏の5月にこの世を去った。

高校卒業後、実家を離れ、私が今、親父にしている事は、1年に一回お盆に帰省し、お墓参りをするくらい。

そんな親父が、父の日の翌日、夢に出てきた。
一緒にキャッチボールをした。

なんだか、過去を振り返るいい機会をもらった気がした。
IT/Web業界に強い転職サイトGreen

家に居る事がなかった親父


たぶん、親父は蟻のように働いていたと思う。

長距離トラックの運転主だった親父は、一度出かけると1週間~2週間以上帰ってこない。

私に子供が出来て思った事が、たまに怒りに身を任せて怒鳴ったりする事がある。怒った後は、いつも反省していた。

けど、親父が怒鳴った事は一度もないなぁと思い出した。

とにかく野球好きでヤクルトを死ぬほど応援してた。

テレビのチャンネルを一度いきなり変えたら、殴られた。
怒鳴られはしなかった。

たぶん口より先に手が出る人間だったと思う。

親父は帰ってくると、大体キャッチボールをして遊んでくれた。
そしてすぐにまた早朝に居なくなる。

一度だけ、小学校4年の時『今日は泊まっていくの?』と聞いた記憶がある。
なんだか寂しそうだった。

そりゃそうだね。
自分の家なのに。

トラックしかもってなかった親父が突然スクーターに乗って現れた。
うひょうひょ言いながら乗り回していた。
わざわざ一度で良いから乗ってみたいからと友人から借りてきたものらしい。

トラックしかもってなかった親父が突然乗用車を運転して現れた。
あひゃひゃ言いながらドライブにつれてって貰った。
どうやらこれはレンタカーらしい。

トラックしか持ってないけど、親父は休みの日には大体どっか旅行に連れてってくれた。
トラックだけど。

一度だけ、中学1年の時の夏休みに、一緒にトラックに乗って九州まで連れてってもらった事がある。
後にも先にも、親父と2週間近くずっと一緒だったのはそれしかない。

親父はファミコンゲーム全般に興味はなかったけど、ボンバーマンだけは死ぬほど好きだった。
わざわざ私の部屋に来て、ボンバーマンをたまにやっていた。

中学に入ると、友人らと遊び歩く事が多くなり、めったに帰ってこない親父が帰ってきても、ほとんど会話することなく時が過ぎていった。

この頃から、私の部屋にボンバーマンをしに来る親父がうざくて仕方がなかった。
たいしてやりたくもないゲームをやりたいからと言って、部屋から追い出した事もあった。

そして中学3年。

帰ってくるたびに、親父の咳が酷くなっていった。

闘病生活


12月、大阪から荷物を積んでかえって来た親父はあまりにも咳が酷く病院へ。

帰ってきて聞かされた病名は『肺炎』だった。

肺炎をこじらせたらしい。
なんだ、たいした事なかったのか。

病院では、即日入院を求められたが、『肺炎ぐらいなら荷物を届けんと駄目だ』といって、それから3日また帰ってこなかった。

北海道では雪がこんもり積もっている12月27日。
トラックの積荷を軽くして帰ってきた親父はそのまま入院した。

私は中学卒業を控えた冬休みだった。

正月明け。
親父がゲホゲホいいながら帰ってきた。

このとき、もちろん親父の死期が刻一刻と迫ってきているなんて考えもしない。
いつもと同じように生活をし、いつもと同じようにあまり親父とはしゃべらない。

部屋にこもっていると親父が来て、ボンバーマンを探していた。
既にスーパーファミコンしかしなくなっていた為、ファミコンは物置にしまってしまった。
親父は諦めて帰っていった。

ある時、親父が外を見ながら夕食を食べていると突然
『うおおおおい、トラックが雪だるまじゃねーか!』と言い、暗い中トラックの天井雪かきを始めようとしていた。

親父の仕事道具は、自らの筋肉とこのトラックだ。
毎年の事なので一度も手伝った事が無いけど、今回ばかりは咳が酷いので私も手伝った。

でも、親父がこの自慢のトラックに乗る事は、この先2度となかった。

冬休みを終える頃、親父の入院生活がまた始まった。

いつ治るのか。
そんな事を考え始めたが、高校1年になり、毎日がめまぐるしく、次第にその事も忘れ、いつもの、あたりまえの日常生活が始まった。

元から親父は家にいる事が少なく、親父のいない生活は変化とは言えなかったんだろう。

帰ってくると信じていたので、お見舞いには行かなかった。

4月下旬。

母親から、親父の本当の病名を知らされた。

死期


病名『悪性腫瘍、肺がん』だ。
余命はもう1ヶ月あるかどうかと言われ、私の頭は真っ白になった。

『だからきちんとお見舞いに行って来て』

きちんと、という意味も全く理解できない自分が居た。

私はすぐに病院に駆けつけた。

なんていう姿だ。

そこにはたった数ヶ月前まで雪かきをしていたムキムキの親父の姿はどこにも無かった。

『骨と皮』としか言えない親父がそこに居た。

私はなぜ、親父がこんな姿になるまで見舞いに来なかったのだろう。
『おう、来たか坊主・・・高校はいれたのか?』

当時は全く知識が無く、放射線による抜け毛によって親父も坊主だった。
『坊主はお互い様だろ、高校は毎日いってるし・・・』

そんな会話をした記憶がある。

親父が言った。
『ボンバーマン出しとけよ。』

私はちょっとどころじゃなく震えて答えた。
『もう出してるから早く帰ってこいよな』

しばらく黙った親父は、ゲホゲホ言いながら口を開いた。
『坊主、おらぁもうダメなんだ、きっと。かーちゃん頼むぞ。
お前が見舞いにくるとはな・・・っとに、いい人生だったわ』

なんてこというんだよ親父・・・。
ドラマやなんかではアレ、ぐっと笑顔で頑張るシーンですね。

無理だよ。
絶対無理。

ありえないよ。

そのままトイレに駆け込んで顔面グチャグチャ。

私と、親父の会話はその日が最後だった。

それ以降、何度見舞いに行っても、強い痛みによってうずくまっているか、モルヒネの投与によって寝ているか、どちらかしかない。

数日後、学校から帰る途中、ポケベルがなった。
急いで病院に駆けつける私。

まだ息はあったが、どうやらもうダメらしい。
『オヤジ!オヤジ!』
何度か手を握りながら話しかけた。

到着から10分後、親父は息を引き取った。
最後の最後に、立ち会えた事が私にとって救いだったかもしれない。
なんとなく、私の声が届いた気がしたから。

鼻水ベロベロで涙ベロベロだった。

そしてこんな記事を書いている今の私もベロベロだ・・・。
いったい何を思って書いているのか理由も見当たらない。

やり残した事


親父は『いい人生だった』と言った。
蟻のように働いて、最後に待っていたのがこの結末にも関わらず、そう言い切った。
すごい奴だと今振り返ると思う。

小学校のときは3日に1回は地方から電話をくれていた。
10分程度の会話だったけど、親父はいつも私の声を聞いてくれた。
すごい奴だと思う。

今思えば、別に親父はボンバーマンが好きだったわけじゃないんじゃないかと思う。
私の声に耳を傾ける為に、わざわざ私の部屋に来たんじゃないかと思う。
休日にボンバーマンやる姿を見た事がないからだ。

親父にとってやり残したことが何なのか、全く検討も付かない。

ただ、私にとってやり残した事は多々ある。
後悔する部分も多い。

元気なうちにお見舞いに行かなかったのもそうだし、部屋から追い出した事もそう。

父の日に何もしてこなかった事もそう。

人が一人死ぬって言うのは、その人に関わる全ての人に、やり残しや、後悔など、様々な感情が湧き出る出来事です。

社会に出てで仕事をするようになり、親父が何故、家にいる事が少なかったのか、蟻のように働く理由もようやくわかった気がする。

私が親父のように、死期を迎えたとき、いい人生だったと言えるだろうか。
突然の不幸でなくなる方も沢山いると思うし、私がそうならないとも言い切れない。

だからせめて、やるべき事はやれる時にやる、という本当に当たり前の事だけは、忘れないようにしたい。

もしもまだ、このブログを見ているわずかな人の中で、父親が健在で、父の日にプレゼントを渡していないと言う人がいるなら、別に今からでも遅くはありません。

遠く離れているなら宅配でもいいと思います。

是非、気持ちを吐き出しておく事を、個人的にお勧めします。

あとからそれを、やり残した事として考えてしまうなら、いい人生だったと言えなくなるかもしれない。

あなたは、あなた自身の為に、あなたの今やれることを、今、やっておく事。

当たり前すぎて忘れがちな事。

もしも忘れてしまったなら今一度思い出してみてください。

やるべき事をやってしまったら、明日は何しようかとワクワクしますよ。きっと。



スポンサーリンク

トップへ戻る

Twitter版のネタ帳では毎週月曜~金曜までWeb屋さんに役立つ色んな情報や単なるネタまでをつぶやいています。

関連するエントリー

コメント

この記事にコメントする人はクリック

コメントポリシーをお読みください
管理者にだけ表示を許可する

nemota こんにちは

はじめまして。
いつも拝見させていただいてます。今回のエントリをじっくり読ませていただきました。

父と息子って母と娘と違って、案外そんなドライな感じが多いと思います。実は僕も高1の時に父を亡くしました。父にプレゼントを買ったのはたったの1回だけ。養命酒でした。大事に大事に養命酒を飲んでたっけ。あとから考えると、もっと親孝行すればよかったなあとも思います。

私も以前、似たような内容のエントリを書いたことがありました。よろしければご一読下さい。
http://nemota.air-nifty.com/blog/2005/12/post_9423.html

2008/06/20 Fri 13:18| |

- 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/06/20 Fri 13:27| |

- 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/06/20 Fri 13:37| |

- 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/06/20 Fri 14:42| |

Yamada コメありがとうございます

>nemotaさん
記事を見させていただきました。
かなり酷似しているので泣けてきました。

あと管理者のみに送信して下さったかたがた。
コメント見ただけでうるっときてしまいました。

私は人に笑われ、面白がられるような小さな人間ですが、たった一人でもこの記事を見て、なにか大切なものを思い出した人がいたことに、本当にうれしく思います。

人それぞれ、過去はみな違うでしょうが、時には思い出す事も大事なんだなと思い、記事にいたしました。
コメント、ありがとうございました。

2008/06/20 Fri 17:03| |

hg 泣いた

孝行したいときに親はなしですね。
自分が死ぬときに子供がきてくれて、ってうれしいものだと思います。

2008/06/20 Fri 17:54| |

lol 油断した

職場で今日はどんな失笑ネタなのかと思って見たら、泣いてしまった。
なんだかんだ言ってYamadaさんも人間なんだなと、すこし見方がかわりました。

自分も中学1年のときに父親が死んでしまった。一度も親孝行することなく終わった。
ただ、この記事を読んで改めて昔を思い出したとき、自分は愛されていたとつくづく思う。

2008/06/20 Fri 18:24| |

ts 泣いてしまった

紹介させて頂きます。

思わず泣いてしまいました。
自分と似てるところがありました。

どっちかと言えば、webよりもこちらの方がいいのですが・・。

以前にも
「デスマーチレポ2『完結編』そこで学んだ仕事に対する10の考え方」で
>ここからの二年間は、まぁ酷いものでしたが、これはまた別の話ですね。
とありましたが・・・期待しています。

2008/06/20 Fri 21:51| |

あおぞら 泣けました

読みながらいろんなことを考えて涙が止まりませんでした。
本当に親は偉大だと思います。

2008/06/20 Fri 22:46| |

REDKING ありがとう

俺の親父も今はもうこの世にいない。
不器用でだらしなくて、人に自慢なんかできない、
うだつの上がらない親父だったけど。
でも、俺や姉貴やおふくろにはとても優しくて、大きな親父だった。

ありがとう。いい話、聞かせてくれて。
正直、泣いた。

今では俺にも息子がいる。まだ8歳だけど。
俺がこの世から旅立った後で、同じように、
息子は泣いてくれるかな・・・。

2008/06/20 Fri 23:08| |

- 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/06/20 Fri 23:54| |

hilite はじめまして

いつも拝見しております。

私の父が亡くなったのは今からもう25年ほど前。
高校受験を控えた冬の、正月開けてすぐのことでした。

先日、その亡くなった父の年齢を超えた自分に気づきました。
命日でもなんでもなく、たまたまふと気づいたのです。

私も父の日に贈り物をした覚えがありません。
ここ何年も墓参りにも行っていません。
そんな親不孝な息子に何か言いたかったのか。
だから思い出させたのかもしれません。

残念ながら父の顔は、遺影のものしか思い出せません。
それでも父のことを思い出すことができました。

ありがとう。

2008/06/21 Sat 00:11| |

まけぞう はじめまして

初コメですが、いつも拝見しております。

オヤジの生き様をしっかりと胸に刻もうと思いました。

大切なことを思い出させていただきました。

ありがとうございました。

2008/06/21 Sat 08:00| |

亜沙美 はじめまして!

はじめまして!
いつもブログ読ませていただいています。

素敵なお父様ですね!
スクーターと乗用車に嬉しそうに乗っているお父様、かわいいです!
お父様は、きっとボンバーマンがやりたかったわけじゃないんだろうな・・・と思いながら読んでいました。
気づいて下さって、きっと喜んでいると思いますよ!

2008/06/21 Sat 09:40| |

 

ウチでは中卒の母が安い給料で家庭をさせえてくれました。出稼ぎに出た父は一切お金を入れることなく、離婚を考え始めたのが私が小6のとき。ガキだけれど、母が大変なのは分かる。こんな私が母のために何ができるのかと思ったとき、お人よしで内気な母の背中を押すことだと思いました。
私は父親が嫌いだから早く別れて、と母に力説しました。そうすれば母子手当てももらえるようになるし、家計も少しは楽になると。母親にそう話しながら、私は父が嫌いなんだ、とムリヤリ思いこませるようにしてきました。私には優しかった父ですが、今大事なのは母と家計なのだと。離婚した少し後、最後に父とあった日、私はとんでもない冷たい言葉をかけてしまいました。
何年も後悔してきて、謝りに行こうと決意したとき、GoogleEarthで探した父の家は既になくただの更地になっていて、探す手がかりが全くなくなっていることに気づきました。
私の人生の中で、最大の後悔です。

2008/06/21 Sat 21:26| |

サブロー 人生バックドロップ!!

こんにちは。
「団塊世代のつれづれ」wecoms さんのブログに紹介されていて来ました。
私の両親は健在です。
私が脱サラして創業して、35歳なのにまだ生活が安定していなく心配をかけています。
早く商売も上手く軌道に乗せて、結婚もして安心させてあげたいものです。

2008/06/22 Sun 13:58| |

とむ ありがとうございました

はじめまして。

このエントリー読ませていただき、涙が出てきました。

就職時に初めて親元を離れて、家事の大変さを知り、結婚し、2人の子供を授かり、親の大変さや自分たちにかけてもらっていた愛情に気付かされました。

私の場合、両親とも健在で、高速に乗れば車で2時間程度の距離・・・それなのに仕事や子育てを理由になかなか孫の顔を見せてやれないでいます。
これからはもう少し機会を作って、孫の顔を見せてあげたいな、と思っています。

どうもありがとうございました。

2008/06/22 Sun 16:19| |

いないみほ 両親

私の母親も私が中学生の時から入退院を繰り返していました。今でもお見舞いに行った帰り、病院の窓から私の帰る姿を見ていた母の姿が目に浮かびます。淋しそうなその姿を私は忘れる事はできません。母が亡くなって8年。相次いで父親も亡くなり、肉親がいなくなりましたが、私は自分に大切な家族かいる幸せをかみしめて毎日元気で頑張っています。私の生き方を両親に褒めてもらえるよう納得してもらえるよう私なりのやり方で私が選んで家族になった主人と力を合わせて生きています。当たり前を当たり前と思わない感謝の気持ちを忘れないでいたいと思います。

2008/06/22 Sun 21:21| |

dragonwoman ありがとうございます

サイト作成の参考にと、全くのド素人の癖に
憧れのようなキモチでいつも拝見させて頂いていました。
デジタルな情報はYamadaさん!とばかり思っていたので
不意を突かれオイオイ泣いてしまいました。
久し振りです・・・泣いたの・・・

ありがとうございます・・・

とっても暖かいキモチになれました。
介護が必要で入院中のママに会いに行ってきます。
ぎゅっとハグして甘えたいと思いました。

Yamadaさんとお父上に
ありがとうございます

2008/06/23 Mon 18:43| |

- 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/06/25 Wed 09:24| |

teddy 珍しく感情を吐露してますね。

いつもとはガラッと違う内容なので、じっくり読んでしまったではないですか。
私の親父も癌で死にました。もう10数年前ですかね。
その前後の状況は結構あなたに似ているナァ。
息子の私は親父に対する感情表現が下手でしたね、やはり。
まあ、日本人and男性の場合は、特に父親に対する愛情表現が苦手のような気がしますが。
しかし、私も彼が死んでから想いがガラッと変わりました。
たいした楽しみのない平凡な日常を数十年倦むことなく馬車馬のように働いて生き抜いた彼を今では深く尊敬してます。
日本人の美徳でしたね。最近は少なくなりましたが。

2008/06/30 Mon 10:50| |

きらパパ 忘れていた事を

はじめまして

偉大なお父さんの姿…
僕の心に刻み込ました。
僕もそんなお父さんを目指して行きたいと思います。
後悔しないように親孝行しようと思っていましたが、生活に流され考える余裕がなくなって忘れていました。
父に孫の写メ送っておきます
ありがとうございました。

2008/07/02 Wed 23:44| |

Uika (*・∀・)

あなたが書くと何故作り話に聞こえるのでしょう
不思議ですwwwwwwwwwwww

2008/07/06 Sun 19:33| |

名前を名乗れない人 泣かせて頂きました

私の父はピンピンしてるのにあと3年で死ぬから後は頼むぞ、なんて事を言っています。笑えない冗談です…ちゃんと親孝行します。

2008/07/18 Fri 18:58| |

- 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/07/20 Sun 18:20| |

- 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/07/26 Sat 21:53| |

- 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009/02/21 Sat 02:41| |

yann No title

私の父は50歳で逝ってしまいました。
15年経った今でも、若すぎた当時の自分がただ悔しくてたまりません。
もっと一緒にいたかった。

この記事に泣かされたのでコメント残してみました。
ありがとう。

2010/06/16 Wed 10:50| |

- 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/07/12 Mon 10:10| |

caz0404 泣いた

僕の父も癌でした。
親は離婚していたのでしばらく会っておらず、死に間際にも変な意地を張って会いませんでした。
人生唯一の後悔です。

2011/09/20 Tue 12:42| |

哲やん No title

私は、今まさに同じ状況です。父にはもう時間がない・・・とてもつらいです。

ブログを新たに立ち上げるか、今のブログにTBさせていただいてもよろしいでしょうか。
人前では泣いた事がないのに、きっと号涙してしまうでしょう。

2012/01/07 Sat 22:30| |

- 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/08/09 Thu 22:56| |

尾田千尋 ありがとうございます

読み終わった今、「鼻水ベロベロで涙ベロベロ」です笑
今年から父の日も母の日もしっかり「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えていきます。気づかせて頂き、ありがとうございました!

2015/02/20 Fri 13:22| |

トラックバック

この記事にトラックバックする人はクリック

「不幸せだったよ」とは誰も言えない。

親父よ。あんたは幸せだったのかい?*ホームページを作る人のネタ帳 言う人いるかもしれないけれど、私は言えないなぁ。幸せか不幸かって問題は、端から見ていると幸せそうに見えても、当事者が不幸な場合もあれば、端から見ているとしんどそうに見えても、当事者は不幸では

どんなジレンマ:2008-06-20 14:20

死ぬ前の「マッチ売りの少女」

マッチ売りの少女 http://www.hyuki.com/trans/match.html 「不幸せだったよ」とは誰も言えない。 http://d.hatena.ne.jp/hrkt0115311/20080620/1213939243 たぶん、力ずくでオレドコ風にアレンジすると、人生の大半は不幸だったけど幸せを感じたことがあった。それだけで十

オレドコBlog:2008-06-20 19:21

25WEEK-Mozilla Firefox3 out!!-

遂にFirefox3登場でした! ちとダウンロードに混雑していたのと、今までのアドオン使えるの?って、多分みんな同じ悩みですぐにはインストールしませんでしたが・・・やっぱり使いたい...

muneto.murakami.biz Weblog:2008-06-21 09:45

【父の日】一週間遅れの「父の日」に

頂き物ばかりで申し訳ないので、父の日には贈り物をしました。 といっても、何のひねりも無く、ビールを贈ったのですが。 これです。 KIRIN_ザ・プレミアム無濾過< ...

glad design blog 2.0:2008-06-22 23:47

親父 久しぶりに感動した記事です

いつもWebの情報など参考させていただき購読しているブログ「ホームページを作る人...

岡野@神戸:2008-06-25 09:20

オモシロサイト・感動ページ・Firefoxアドオン

www という表記を見るたびに、 心の中で『ワールドワイドウェブ』とつぶやいてしまうё∫です。 ◆最近グッときたページ 3つ ・ことわざにまつわるおもしろ画像集 http://www.happy-page.jp/gazou/725.html ・体験談:迷子になっちゃった http://kam...

アイディア倉庫 ё∫*kiss:2008-07-04 01:20

FC2Ad

広告


IT・Web業界の求人なら転職サイトgreen(グリーン) ホームページテンプレート、WordPressテーマ、Facebookページテンプレートならクラウドテンプレート ネットマーケティングとは│ネットマーケティング検定 SEOコンサルティング&SEO対策 無料レスポンシブWebデザインテンプレート 広告主募集

あわせて読みたい
フィードメーター - ホームページを作る人のネタ帳

人気の記事一覧

あなたのブログの再訪問者を増やす50の方法

私の経験から感じた事を書き記します。全てが全てその時々で、正しいとは限りませんが、一つの指針としてお使いください。因みに全部リスト化すると230くらいありましたが、それはきっとセミナーとかでやるかなぁと。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-824.html

あなたの生活を確実に拘束し時間を浪費させる動画50

今回は生産性を向上させる事ばかり考えて記事を書いてきたので、逆に年末にかけて忙しい皆さんの時間を出来るだけ拘束し、忙しさを倍増させるものが無いかを考えました。その結果、動画で行こうと言う事になったのが1ヶ月以上前。動画閲覧本数はおそらく600本以上。その中から、おもしろそうなものを50個ベストチョイスいたしました。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-820.html

webデザインのセンスを磨く○○系のwebデザインまとめ

webデザインを学ぶならwebデザインから。と言うわけで、今回は海外のエントリを中心に、○○系のまとめをまとめます。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-817.html

jQueryプラグインのベストトレンド総まとめ2010

もはやこの業界ではかなり浸透しつつあるjQuery。今回はそんなjQueryにスポットを当て、本年度紹介された中でも、ホットなトレンドプラグインをご紹介します。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-816.html

ツイッターの日常における35の行動パターン

私が良く見かける35の行動パターンに名前をつけてみようと思う。年末の誰も見てない時に公開しようと思っていた、ただのネタだったのですが、結構時間がかかりこの時期に・・・。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-823.html

ウェブデザイナーのためのウェブアプリ15

OSがWindowsであろうと、ubuntuであろうと、共通のサービスを受けることができるのがウェブアプリケーションです。ウェブデザイナーの中には、自宅ですでにubuntuを利用している人も多い。また、Mac、Windowsと、各自それぞれの使いやすい物を利用していると思います。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-784.html

愛用するGoogleChromeエクステンション12個

この2年でノートPC2台購入。自他のPCはクラッシュしてリカバリー。会社のPCは新しいのがあたり、再セットアップ。そんなこんなで、会社はまぁともかくとして、とりあえず全PCが比較的3ヶ月に一度リカバリーしてもいいように、自分用にメモとして残しておきます。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-784.html

文章や会話のプレゼンテーションを向上させる方法

文章力がないためにプレゼンに失敗した、会話がうまくできずにプレゼンに失敗した。こういう経験はなかなか無い。なぜなら多くの場合、失敗したことに気がつかないからです。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-802.html

サイトの裏側の意識を変え売り上げをアップする方法

ネットショップ運営者が、あることをちょっとだけ始めてみただけでわずか5ヶ月で売り上げが3倍になりました。はたして、webサイト運営がどのように変わったのでしょうか。。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-749.html

webサイトのリピーターを増やすさりげない5つのコツ

多くのビジネスサイトのアクセス数を支えている大手検索サイト、Yahoo、Googleのアルゴリズムが変わる事で、突然商売がひっくり返る事態を回避する方法。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-746.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。