ファミコン時代を生きた人の○○したら○○になるまとめ

  • 2008/08/04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

ファミコン

いやーなつかしい思い出をありがとうございました。
ファミコン全ソフトカタログ 最終回‐ニコニコ動画(夏)

今年で30になりますが、これは素敵なカタログでした。

そんなわけで昔を思い出したので記事に。
IT/Web業界に強い転職サイトGreen

○○したら○○になる


くにおくんのドッチボールをすると十字キーの右のゴムがふにゃふにゃになる。
(昔のゲームはとにかく右に進むゲームが多かった)

くにおくんの大運動会をすると、絶対に独自ルールが生まれる。
(はめ技が普通に存在する)

ドラクエ3を誰かに貸すと、データが消えて帰ってくる。
(あの音は聞きたくない)

セーブ機能の無いゲームをそのままにして出かけると、帰ったらおかんが勝手に消してて泣く。
(セーブできないのに50ステージあるとかありえないゲームがありましたね)

2コントローラーを可愛がっておかないと、突然うめき声を出し始める
(あの接触の弱さは異常)

ドラクエ2のパスワードは、どう考えても間違いなくメモったはずなのに間違える
(何回も何回も確かめたはずなんだ・・・)

2コントローラーのマイクを使った裏技は知ってるとヒーロー。
(たけしの挑戦状で使うとは最近知った・・・)

スペランカーをしていると、人間の弱さを再確認できる。
(恐らくアレ以上弱い主人公は見たことが無い)

サラマンダは、ゲームの内容よりもスケルトンという理由で欲しくなる。
(かっこよかったんだ・・・)

キャプテン翼でみさき君を仲間にする方法を教える友人の顔は必ずえらそうになる。
(あの時の知識は、それだけでコミュニケーションの一つだったんだ)

レーサーミニ四駆ジャパンカップは、なぜかやればやるほどコースアウトする。
(なぜ、穴をあけたのに重りをつけなければならないのか・・・)

コナミわいわいワールドを買うと泊り込みに来る人が続出する。
(アレは面白かった)

クソゲーが多かったせいか、コントローラーを本体に叩きつける事がある。しかし、ファミコンは頑丈で壊れないと言う事を今更ながらすごいと感心する。
(ほんとに頑丈。任天堂は小学生をわかっていたんだね)


最近ゲームを最後までクリアしないというゲーマーがいると聞いたけど


一つのゲームを死ぬほどやらないならゲーマーじゃないよねきっと。

ただ、クリアする事がゲーマーというわけでもないと思う。
小学校のときにファミコンが来たわけだけど、あの頃まずソフトがどんなゲームであろうとレアだったと思う。
クソゲーだろうとなんだろうと、親に買ってもらったそのソフトは神で、しばらくはそのソフトをやり込まなければならない。

そこにはクソゲーだからやらないという選択肢は無く、やり続けた記憶がある。
ただし、初期の頃のゲームは『小学生やそこらの知能でクリアできる代物はほとんどなかった』

まずクリアと言うものが存在しないゲームまである。

ゲーマーは、そんなソフトで、新しい遊びを発見し、互いに競い合う人たちだと思う。
一人用のゲームを使ってひたすら高いスコアをたたき出しあう勝負。
初代マリオブラザーズで殺し合い。
RPGを低レベルでクリア、最速タイムでクリア等。

だから、ゲーマーと呼ばれる人はかなり高い確率でネオジオが好きだった。
アーケードコントローラーもしっかり買う。

アーケードで競う為にネオジオが必要だった。

RPGもそうだった。
『俺、ゾーマ昨日倒したから』なんていわれた日には何ー!となる。
『いや、隠しアイテム逃してね?』なんていわれた日には最初からやり直したくもなる。

周りの友達がいるからやり込む。

それがゲーマーだったと思う。

今では、ネットで調べれば答えが見つかると言う時代でもなく、友達との情報交換が頼り。
知識が多い方が話題を提供する。

そんな世代。

だから最近東京ではやっている『DS鬼ごっこ』とかも、使い込んだ小学生だからこそ思いつく新しい発見であり、彼らこそが現代のゲーマーだと思う。

私のように、買おうと思えばいつでもソフトが買えてしまうような、また、仕事に追われ、ゲームして遊ぶ友達ともあまりあう事が無いという人は、どれだけゲームをしようとも、ゲーマーではない。

ゲームが楽しかったのは、それを取り巻く友達とのコミュニケーションではないかと、最近つくづく、いや、しみじみ思う。

皆さんのファミコンの思い出は、どんなものだったんでしょうね。

ファミコンの思いでを語るサイトを最近見つけてどきどきしました。
思い出のファミコン

それでは。
また。

P.S
○○したら○○になる、他にもあったら是非コメントくださいませ。



スポンサーリンク

トップへ戻る

Twitter版のネタ帳では毎週月曜~金曜までWeb屋さんに役立つ色んな情報や単なるネタまでをつぶやいています。

関連するエントリー

コメント

この記事にコメントする人はクリック

コメントポリシーをお読みください
管理者にだけ表示を許可する

名前を名乗れない人

>クソゲーだろうとなんだろうと、親に買ってもらったそのソフトは神で、しばらくはそのソフトをやり込まなければならない。

それでもボコスカウォーズはクソゲーだと心の底から思った。

説明書の歌詞を見て、初めて親を恨んだ小学生時代の思ひ出を今でも忘れないw

すすめ すすめ ものども じゃまな てきを けちらせ
めざせ てきの しろへ~ オ ゴ レ ス たおすのだ

2008/08/04 Mon 13:52| |

名前を名乗れない人

たけしの挑戦状を買ったけど誰もカセット交換してくれなくて泣いた俺がここに

2008/08/04 Mon 13:57| |

名前を名乗れない人

くにおくんは神だったなぁ

2008/08/04 Mon 16:06| |

もん太郎 ファミコン世代なのに・・・

>皆さんのファミコンの思い出は、どんなものだったんでしょうね

別に貧乏でもないのに内にはファミコンがありませんでした。

「ファミコン買うぐらいなら、パソコン買ってやる。」と親父に丸め込まれて、結局どっちも・・・(つД` )

ちなみに、攻略本はお小遣いで買えたので、ゲーム持っているやつよりも詳しかったですよ。

…なんだかむなしくなってきたorz...

2008/08/04 Mon 16:24| |

禿 あら探し

×ミニ四区
○ミニ四駆

2008/08/04 Mon 16:35| |

名前を名乗れない人 くにお君 運動会

対戦を始めると、「れいほう」が取り合いで殴り合いになる。
ゲーム内で殴りあうと、もれなくリアルファイトが始まる。

あれは、喧嘩込みで販売していたんだと未だに思う。

2008/08/04 Mon 17:40| |

名前を名乗れない人

>あれは、喧嘩込みで販売していたんだと未だに思う。

ファミコンで遊ぶだけではもやしっ子になると言う、
制作者の粋な計らいですね

2008/08/04 Mon 18:36| |

triplecrown

この動画、面白かったですよね~☆
毎回、週末が楽しみで、ヨメとワイワイ言いながら見てました。

この頃のゲームは、(容量のせいもありますが、)
シンプルな絵やゲームデザインがありましたよね。
あれ、結構スキです。

新・鬼ヶ島、チャレンジャー、じゃじゃ丸くん・・・etc
いろいろバリエーションがあって面白かったですね。

2008/08/04 Mon 19:12| |

Yamada

>くにおくん

れいほうの龍一兄弟は鬼でしたからねw

>じゃじゃ丸くん
面白かったですねアレ。
目的がなんなのか全然考えた事もなかったですが・・・。

2008/08/04 Mon 23:56| |

Yamada

>禿さん

ご指摘ありがとうございました。

2008/08/04 Mon 23:57| |

triplecrown

追伸:ヤフーのNEWSになっていたので、
    ちょっぴりご報告です・・・☆

http://opinions.news.yahoo.co.jp/op?a=979065-e016

じゃじゃ丸の目的は、お姫様の救出ですが、
ほとんど意味がありませんでしたよね(笑)。

2008/08/05 Tue 10:59| |

名前を名乗れない人

何百ってゲームをプレイしたとしても、クリアするだけだと所詮はゲーム会社の敷いたレールを走ってるだけなんだよねー
そういう意味では正しいんだけど…昔のゲームは、クリア以外の楽しみを見つけるしかなかったと言うのが正解w

今のゲームには、クリア以外のプラスアルファが必ず求められてますな。

2008/08/06 Wed 00:40| |

九州男児 燃えろプロ野球

燃えません。

2008/08/19 Tue 23:33| |

ミコト No title

ファミコンではなくスーファミ移植でしたが、ドラクエⅠ・Ⅱを父親と2人でプレイしました。
自分は幼稚園児くらいで、友達に借りて…父親はドラクエプレイ済みだったのかわかりませんが、かなり悩んでたのでおそらく未プレイ。
「ミコトー、金のカギここにあったぞ!!」と教えてくれた父をまだ覚えてます(笑)
私はドラクエⅡは死にゲー状態、それでも頑張ろうとして、父親も一緒にハマってしまって、それはもう楽しかったですね。
当時のゲームは手がかりがなさすぎて面白かったです。
FF13もだし、つい最近のポケモンブラック・ホワイトも、なかなか自由に動かせず…イライラしてしまいますorz

2011/05/26 Thu 15:33| |

トラックバック

この記事にトラックバックする人はクリック

ファミコンが懐かしくて仕方がない

ファミコンが懐かしくて仕方がない

ウェブサイトの技術っておもしろいよね:2008-08-06 12:02

FC2Ad

広告


IT・Web業界の求人なら転職サイトgreen(グリーン) ホームページテンプレート、WordPressテーマ、Facebookページテンプレートならクラウドテンプレート ネットマーケティングとは│ネットマーケティング検定 SEOコンサルティング&SEO対策 無料レスポンシブWebデザインテンプレート 広告主募集

あわせて読みたい
フィードメーター - ホームページを作る人のネタ帳

人気の記事一覧

あなたのブログの再訪問者を増やす50の方法

私の経験から感じた事を書き記します。全てが全てその時々で、正しいとは限りませんが、一つの指針としてお使いください。因みに全部リスト化すると230くらいありましたが、それはきっとセミナーとかでやるかなぁと。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-824.html

あなたの生活を確実に拘束し時間を浪費させる動画50

今回は生産性を向上させる事ばかり考えて記事を書いてきたので、逆に年末にかけて忙しい皆さんの時間を出来るだけ拘束し、忙しさを倍増させるものが無いかを考えました。その結果、動画で行こうと言う事になったのが1ヶ月以上前。動画閲覧本数はおそらく600本以上。その中から、おもしろそうなものを50個ベストチョイスいたしました。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-820.html

webデザインのセンスを磨く○○系のwebデザインまとめ

webデザインを学ぶならwebデザインから。と言うわけで、今回は海外のエントリを中心に、○○系のまとめをまとめます。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-817.html

jQueryプラグインのベストトレンド総まとめ2010

もはやこの業界ではかなり浸透しつつあるjQuery。今回はそんなjQueryにスポットを当て、本年度紹介された中でも、ホットなトレンドプラグインをご紹介します。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-816.html

ツイッターの日常における35の行動パターン

私が良く見かける35の行動パターンに名前をつけてみようと思う。年末の誰も見てない時に公開しようと思っていた、ただのネタだったのですが、結構時間がかかりこの時期に・・・。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-823.html

ウェブデザイナーのためのウェブアプリ15

OSがWindowsであろうと、ubuntuであろうと、共通のサービスを受けることができるのがウェブアプリケーションです。ウェブデザイナーの中には、自宅ですでにubuntuを利用している人も多い。また、Mac、Windowsと、各自それぞれの使いやすい物を利用していると思います。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-784.html

愛用するGoogleChromeエクステンション12個

この2年でノートPC2台購入。自他のPCはクラッシュしてリカバリー。会社のPCは新しいのがあたり、再セットアップ。そんなこんなで、会社はまぁともかくとして、とりあえず全PCが比較的3ヶ月に一度リカバリーしてもいいように、自分用にメモとして残しておきます。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-784.html

文章や会話のプレゼンテーションを向上させる方法

文章力がないためにプレゼンに失敗した、会話がうまくできずにプレゼンに失敗した。こういう経験はなかなか無い。なぜなら多くの場合、失敗したことに気がつかないからです。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-802.html

サイトの裏側の意識を変え売り上げをアップする方法

ネットショップ運営者が、あることをちょっとだけ始めてみただけでわずか5ヶ月で売り上げが3倍になりました。はたして、webサイト運営がどのように変わったのでしょうか。。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-749.html

webサイトのリピーターを増やすさりげない5つのコツ

多くのビジネスサイトのアクセス数を支えている大手検索サイト、Yahoo、Googleのアルゴリズムが変わる事で、突然商売がひっくり返る事態を回避する方法。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-746.html