web制作に需要があるような錯覚を起こす理由

  • 2009/01/10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

Web制作の需要はある。しかし、人が余るという不思議な状況

実感としては需要は相変わらず多い。ので、仕事自体は無くならない。

さっき「新規の受注は減った」って書いたじゃないか!っていう感じなんだけど、「なんとなくサイト作りましょ!」とか「キャンペーンサイト作りましょ!」とかなんかそういうお気楽な感じな案件が減った感じで、「あー、このサイト確かに直さないとやばいよね」っていう必然性のある仕事は相変わらずある。

見入ってしまった。面白い内容なのでweb制作にかかわる人は一度はみておくといいかもしれない。

でもって、個人的に感じた事が
需要があるというのは、実は錯覚だと思う。
というか、そろそろこういう錯覚を起こしている人たちが目を覚ます時がきてるんじゃないかって思うのです。
IT/Web業界に強い転職サイトGreen

需要があるように感じているのは一部の人達の戦略が成功したから


ひとまず、web制作というものがインターネットを使った特別な仕事、という風に思われた5年前。
現在は、各企業が『そろそろweb展開も考えていかないとまずいかな?』なんていう時代まで来たのはたしかだと思う。

しかし、それが需要が高いという事に結びつくかと言えばちょっと違うと思うのです。

Web制作の需要はある。しかし、人が余るという不思議な状況
提案書は僕が書いたパワーポイントをスライドマスター自社のにを変えて提出。もちろん、コーディングするのは弊社。見積もりも弊社が出したのを上の会社が倍掛けとかして出すだけ。倍掛けしても、ちゃんとディレクションとか、あれこれフォローをやってくれるなら良いんだけど (実際、そういう会社・・・というかもう担当者レベルだ・・・もあるし、そういうところとの仕事はすごく楽で嬉しい。)、ほとんどはしない。あまつさえ、文句を言うだけになって、こちらのモチベーションを著しく下げてくれるだけのところもある。

提案書を書いて、クライアントを納得させるのが中間の仕事じゃないの?それやらないってなんなの?

って考えると、「あれ?仕事が無くなるって言ってるのってもしかして、その中間の人たちなんじゃね?」って思う。そして、いままで供給されてきたのって、その中間の人たちなの?って。

いや、クライアントに方向性を決めさせて、自分みたいな末端制作者にきちんと指示を出してくれる優秀な中間の人たちは生き残るだろう。

『中間の人』っていうキーワードが随所にでてくるわけですが、要するにその中間の人って言うのは、『web制作の仕事を取ってくる人』って事なんだけど、ここに対する評価がズレているように見える。

特に、コーディング、システムを直接生み出す現場からしてみれば
『そんな事まで押し付けるなよ』
『おいおい無茶いうなよ!』
『適当な事客に伝えてくるなよ!!』
『打ち合わせくらいそっちでやれよ!!!』
『途中でプランかえんな!というか最初にきちっと決めてこいや!』

こんな思いが生まれやすい。

これは『どの業界でも日常的起こっている問題』でもある。

営業と現場と言うのは、昔から犬猿の仲なんだよね。

逆に仕事を取ってくる人から見れば
『それくらいやれよ』
『とってきたんだから言うこと聞けよ』
『それくらいやらないと、受注なんてできないんだ』

こういう要望が現場に対して持ったりする人が多い。

もちろん、コーディングするのは弊社。見積もりも弊社が出したのを上の会社が倍掛けとかして出すだけ。倍掛けしても、ちゃんとディレクションとか、あれこれフォローをやってくれるなら良いんだけど

重要なのは、仕事を取ってきて、要望通り作って納品してお金をもらう
って言うことなんだけど
制作費用以外に色々とお金はかかっている
もうひとつ、webサイトから仕事を引っ張るweb屋さんにしてもそうだけど、その引っ張るためのサイト制作に、1人で1ヶ月掛かったとしたら、その1か月分の人件費は、先行投資となり、スタートから赤字を背負ってやっているという事になるため、やはりその分も加味した請求になってくる。

しかし、現場がなんと言おうと、仕事を取ってくる人がいないと、需要もクソもない上に、その需要があるように見せかけているのは、『なんにもして無いように見える中間の人』なんだよね。


web展開が必要なのかと思う企業が増えた背景


これまでの10年間を振り返って見ると、第一に『制作コスト』が格段に安くなったという理由がありますが、それよりも、多くの企業がweb展開していると言う事実が、ひとつの需要につながっています。

しかし、実際はたいしてwebサイトを必要としていない企業の、web制作をした事があるはずです。相手の担当者と直接話す事があれば、ものすごくやる気の無い担当者に当たった事はないですか?

『いやぁなんかみんな作ってるからとにかく目立つ奴作ってよ』的な。
そういう企業に限ってライバル会社のwebサイトをまねしたいわけですけど。

これって要するに『みんな作ってるから』という雰囲気を、作り上げた人がいるからだと思う。

中間の人達っていうのは、仕事を取るためにどうしたらいいかという事を考えている。
現場の人達っていうのは、お客に喜んでもらえるためにどうしたらいいかという事を考えてる。

そんな違いがあります。

だから中間の人達って言うのは、全くwebを必要としてない企業にもアタックしてののしられようとも、日々仕事を取るために頭を使い続けて、その全くwebに興味の無いところからも仕事をもって来る。

その結果、ようやく2006年頃から、webサイト制作の仕事が回るようになってきた。

しかし、同時に現場側からしてみれば、需要があるという錯覚を起こしやすくなったといえる。

そもそも需要と言うものが本当に存在するのであれば、『webサイト作ります』というホームページを立てて、中間の人達の会社よりも安くすれば、間違いなく仕事がはいり、やる気のあるwebデザイナーのところに回ってくるわけだけど、実際はそんなうまく成功しているところはほとんど無い。

あくまでも仕事を取る人がいると言う、大前提に対して、実際多くのお金が流れていく。

これはどの業界でも超えられない壁でもあるし、そういうのが嫌で、その仕事を取るところから仕事をしたいという人は、確実にフリーランスになるわけです。

また、そういう中間業者というのも多数ありますが、『組織』という営業ツールをうまく活用しているから仕事が取れるとも言える。社会的信用は、組織の大きさにも比例している。

web制作代が、いくらやすい安いからといっても、一人のwebデザイナーに仕事を投げるのと、複数のwebデザイナーを組織している中間の人に頼むのでは、安心感も違うし、何かあったときの対応も変わってくるわけですから。


現場側の思考を変えると世界がかわるかもしれない


仕事が決まった後の顧客と直接話をするweb屋は、なんでも自分でできる気になってしまう。
わたしもそんな経験がある。

一番大変なのは、新規顧客開拓だと言うのは忘れてはいけない。

技術屋というのは、とにかく『いい仕事』を顧客に見せる事で、次の仕事が入りやすいという特性がある。だから腕がよければ口コミで仕事を紹介してくれる人も多い。

特に、1人、2人で制作するwebサイトに関して言えば、名指しで指名されることもあるし、あの人のデザインがいい、というデザイナーとしての楽しみも持ち合わせている。

しかし、例えばだけど、そこらへんの企業にその何でもできるweb屋が突然訪問して、web制作を突然プレゼンするという営業をしかけられる人は少ない。

だから、結局その中間の人みたいに営業できる人間がいないとダメなのか?という事が言いたいわけではない。

なぜなら、今、需要は落ち気味であり、不況とかさなり、『対費用効果』が強く求められる時代だからです。
中間マージンを抜くだけの企業と言うのは、『費用がかかりすぎる』という結果になるので、こんな時代だからこそサービス供給側の努力が必要不可欠となり、中間業者を省いて仕事をもらうチャンスとも言える。


これからweb制作していきたいと思う人は


確かにweb制作募集を掛ければ人が多数来る。

これは事実だと思う。
プログラマ募集になると激減するけど。

雇用してもいいかなと思える人は本当に少ない。
みななぜかweb制作がかっこいい仕事に思っているのか、楽に考えているのかわからないけど、『何一つアピールポイントが見当たらない』

つまり、自分のプレゼンができる人間がいないということ。

で、この募集で集まる人達って言うのは、一人一人が、『サービス供給者』であり、その自覚が一切ない人が多い。
サービス供給者の努力って言うのは企業に入る前から始めなきゃいけない。

自分のプレゼンができない人間でも、web制作を頼めば粛々とやってくれる人はものすごく多いというのはわかります。

しかし、こんな時代だからこそ、育ててもらわないとわからないという甘い考えは捨てたほうがいい。
よいwebディレクターに出会えば、そりゃ育ちやすく、間違った方向に進みにくいかもしれない。
けどそんなチャンスが、この景気の悪さで無くなったと思ったほうがいいと思う。

もしもweb制作をしたいと考える人がいるなら、web上で今すぐアクセス数が1以上のサイトを作るべきであり、せめて自分自身のプレゼンを作るべきだと思う。それは、面接や企業に就職する為の物ではなくて、多くの企業に対してのアピールとなる。

事実、その中間マージンを採取する『単価の高い』企業に発注できずにいる企業もあるし、こんな時代だからこそ、費用効果が得られるのであれば、web制作にもしがみつきたいという企業もある。

web屋はweb屋らしく、営業でクタクタにならずとも、web屋らしい仕掛けを作り、それをもっと活用して展開する道はまだまだ残っている。

web制作の需要を、中間の人に任せる企業は減り、今度は末端である現場が、需要を作っていかなければならない時代ではないかと思う。

そしてそのために必要なのは、webディレクターではない。
webディレクターは、結果を作るためのノウハウを持っている人。また、仕事を円滑にし、ひとつの費用の中で行うwebプロジェクトをスムーズに進め、効率よく費用を回す人。
しかし、需要そのものを作っていく人ではない。

最終的に必要なのは、現場の人間の意識改革だと思う。
技術者自身が、技術を売り込むプレゼンの姿勢。
技術者自身が、結果を求める姿勢。

企業にしたって、そんな人材がほしい。


中間の人らが需要が減ってきたと愚痴っている。
そんな中間の人達がもっとも安易に考える需要向上対策が価格。

このまま中間の人に任せっきりだと、webの単価はどんどん下がっていく。

技術に見合う技術料が発生しないと言うのは、実に悲しいことだと思います。


・・・


・・・という記事を書こうと思ったけど、読み直したらなんだか論点がズレている気がしたのでやめておきます。

それでは、また。



スポンサーリンク

トップへ戻る

Twitter版のネタ帳では毎週月曜~金曜までWeb屋さんに役立つ色んな情報や単なるネタまでをつぶやいています。

関連するエントリー

コメント

この記事にコメントする人はクリック

コメントポリシーをお読みください
管理者にだけ表示を許可する

sickboy 現場で働くの人間なら・・・

制作現場で働く人間なら、中抜き業者がいなければ・・・
誰しもこんな事を考えた事がありますよね。
私もしかり・・・

でもって独立して思い知ったのが営業の大切さ。
いくら技術やセンスを持ち合わせていたって
仕事がなければ始まらないですもん。

実際制作依頼もウェブサイトを見て・・・なんてのは
稀で、人脈とか口コミとかが大半を占めてます。
まあ、ほとんどのお客さんには制作会社のウェブサイトを
見ても、選ぶ基準が解らないってのが正直のところですし。
大事なのは、積み上げてきた営業センスと人間関係。
仕事とって来てくれる営業マンが一番大事ですわ!

全部一人でやろう・・・なんてやってたら
ほとんど中途半端に終わってしまったので、
最終的には会社組織を作ってしまいました。

結局のところ、餅は餅屋に任す方が
コストも無駄にかからず、効率よく仕事ができます。
人脈も労働力も時間も使った以上、中抜きとは言えませんよね。

2009/01/10 Sat 18:05| |

wing

>逆に仕事を取ってくる人から見れば
>『それくらいやれよ』
>『とってきたんだから言うこと聞けよ』
>『それくらいやらないと、受注なんてできないんだ』
>こういう要望が現場に対して持ったりする人が多い。

自分の所は中間が無駄、という意識が統一しているところですが
いつも何とかして中間業務の人間(自社、他社含めて)を
できる限り排除しています。
特に他社へ中間業務をさせたときは良い思い出がありません。

コメントにあるsickboyさんの
>結局のところ、餅は餅屋に任す方が
>コストも無駄にかからず、効率よく仕事ができます。
>人脈も労働力も時間も使った以上、中抜きとは言えませんよね。
これはうまく回っている場合のはなしですよね。

なぜ中間搾取!なんて言葉が生まれるかというと
やはり中間業務をしてる側もされてる側も搾取しているという意識が生まれてるからだと思いますよ。
この業務内容でこんなにもらっていいの?w
なんて思えてくるときはないでしょうかね?w
開発から一通り経験、叩き上げられると思うところもありますよ。

たしかに餅屋に任せるのがベストですが旨い餅を作ってくれる人とめぐり合いたいですね。
誰が作っても変わらない餅なら、、、w

2009/01/10 Sat 19:58| |

sickboy 上手く回っているのかな~

>これはうまく回っている場合のはなしですよね。

そうなのかもしれません、だとすればありがたい話ですよね~
まあ自分も制作現場で長年働いてきた人間ですから、
そういう気持ちも理解でき、中間搾取と言われないように
適切な利益配分と、スムーズに作業をすすめるため
差し戻しとかが出ないよう、制作前の準備は徹底してます。
餅を右から左へ流すだけで、大きな利益を上げようとは
さすがに思えません。下請けの制作の子達にもきちんと
稼いで頂きたいですから。

うまい餅を作れる人になりたいものです(^ ^)

2009/01/11 Sun 10:47| |

- 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009/01/11 Sun 16:17| |

A

なにこの私に痛い記事
あまってる側の人間としてはこの記事心痛いんだけど
どういうこったやまだ

2009/01/11 Sun 19:15| |

名前を名乗れない人 うまいですね

中間業者は結局ぬくだけが仕事ですからね。
こういった人たちがもっとへれば日本もだいぶよくなるとは思いますけど。

2009/01/28 Wed 20:20| |

mao んむむぅ。

Web制作会社じゃない会社で、一人でWeb制作しています。お仕事は口コミ&ツテがほとんどです。でもって、「おまかせ」が多いので悩みます。好きな仕事ですし、お仕事があるのはありがたいですが、日々自分の限界を感じてます。中間部分も制作もっていうのはキツイです。毎回反省ばかりで・・・。この記事は興味深く読ませていただきました。
一人でどこまで入り込んでいいのか、(企画とかパブリッシングの方向性とかetc)悩んでます。でもって、「おまかせ」で「なんかかっこいいの」っていう依頼だと、あんまりリサーチすると嫌がられたり・・・。営業とかプロデュースの専門の方が欲しいです~。(うまく話してくれる人。)
でも、そこまでたくさん仕事はないんですが。いいんでしょうか、私みたいな仕事していて。orz

2009/05/28 Thu 14:08| |

sen 共感

はじめてコメントさせていただきます。
ウェブは誰が難しいものにしたのか?と言う事を最近良く考えるのですが、こちらの記事を読ませて頂いて、とても共感できました。
私は、個人でウェブ製作を行っているのですが、1人で出来る事の限界を感じているのは確かです。
今は、誰でも検索するだけで、情報が見つかり、ウェブ製作を行えるので、副業や片手間で仕事をする人も多いと思います。
製作会社や、その個人を含め大勢の人がクライアントを獲得したい為に営業をしていると思いますが、最近よくクライアントから聞く話が、ウェブ屋は迷惑的な言葉を聞きます。
しまいには、レンタル式のウェブ製作まで出てくる始末。
ウェブデザインが、デザインでは無くなってしまった様な感覚があります。
確かに情報のデザインと言う部分では、デザイナーなのでしょうが、レンタル式のウェブ製作なんかを見ると、デザインで金とらない以上、デザイナーと言わないで欲しいなんて思ったりします。(言いすぎかな。。。。
お金儲けに色々な方法が出てくるのはしょうがないのでしょうけど。

長くなってしまいましたが、これからも為になる記事を楽しく拝見させて頂きます。

2009/08/18 Tue 17:35| |

ネット営業マン 共感と落ち込み

共感しました。
仕事を見直そうか考えています。

2009/12/03 Thu 16:45| |

しろ 資格と教育制度

はじめまして

しろです。
いつも当サイトで勉強させて頂いております。

この記事を読んで考え方が変わりました。
昔はプログラマやWEB作成は国家資格に
するべきではないかと考えてました。

それはプログラマとして入ってきた方の
4割は技術が不足している方が多いと感じてきたからです。

ただ、この記事を読みもしプログラマやWEB作成者を
国家資格にしたらもっと単価が下がる事が
予想できたからです。

単価が下がる理由は自動車整備や金属加工等の
業種を見ると良くわかります。

単価を下げない為にも個々の営業力が必要で、
この業界に入る人材の母数が上がれば
営業の出来る人財も増えると感じました。

自分も営業の仕事の勉強の必要性も感じました。

人財の教育の見直しが必要かもしれませんね。
ありがとうございます。

2013/06/09 Sun 23:33| |

トラックバック

この記事にトラックバックする人はクリック

営業と制作はひとつになるべき

おそらく、営業(的な会社)と制作(会社)でのコミュニケーション不足により、赤字レベルの安値だったり、先方のノリだったりでもらってきた仕事が多いだけで、制作部門(制作会社)は需要が高いと思いがちだという話。 □web制作に需要があるような錯覚お起こす理由*...

地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記:2009-01-11 11:46

WEB制作関連の興味深い記事をクリップ

▼ web制作に需要があるような錯覚を起こす理由 → 共感しました。 私自身(フリーランスの立場として)は、WEB制作に需要はある、と感じています。 が、お客様との意思疎通がまだま...

OILSHOPの『 ワークライフバランス 実現ブログ 』:2009-01-12 10:44

インターネットってなんだっけ? ~インターネット神話を振り返る~

from pbo31 世の中、インターネットによって大きく変わりまし...

WEBマーケティング ブログ:2009-01-13 00:15

FC2Ad

広告


IT・Web業界の求人なら転職サイトgreen(グリーン) ホームページテンプレート、WordPressテーマ、Facebookページテンプレートならクラウドテンプレート ネットマーケティングとは│ネットマーケティング検定 SEOコンサルティング&SEO対策 無料レスポンシブWebデザインテンプレート 広告主募集

あわせて読みたい
フィードメーター - ホームページを作る人のネタ帳

人気の記事一覧

あなたのブログの再訪問者を増やす50の方法

私の経験から感じた事を書き記します。全てが全てその時々で、正しいとは限りませんが、一つの指針としてお使いください。因みに全部リスト化すると230くらいありましたが、それはきっとセミナーとかでやるかなぁと。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-824.html

あなたの生活を確実に拘束し時間を浪費させる動画50

今回は生産性を向上させる事ばかり考えて記事を書いてきたので、逆に年末にかけて忙しい皆さんの時間を出来るだけ拘束し、忙しさを倍増させるものが無いかを考えました。その結果、動画で行こうと言う事になったのが1ヶ月以上前。動画閲覧本数はおそらく600本以上。その中から、おもしろそうなものを50個ベストチョイスいたしました。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-820.html

webデザインのセンスを磨く○○系のwebデザインまとめ

webデザインを学ぶならwebデザインから。と言うわけで、今回は海外のエントリを中心に、○○系のまとめをまとめます。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-817.html

jQueryプラグインのベストトレンド総まとめ2010

もはやこの業界ではかなり浸透しつつあるjQuery。今回はそんなjQueryにスポットを当て、本年度紹介された中でも、ホットなトレンドプラグインをご紹介します。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-816.html

ツイッターの日常における35の行動パターン

私が良く見かける35の行動パターンに名前をつけてみようと思う。年末の誰も見てない時に公開しようと思っていた、ただのネタだったのですが、結構時間がかかりこの時期に・・・。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-823.html

ウェブデザイナーのためのウェブアプリ15

OSがWindowsであろうと、ubuntuであろうと、共通のサービスを受けることができるのがウェブアプリケーションです。ウェブデザイナーの中には、自宅ですでにubuntuを利用している人も多い。また、Mac、Windowsと、各自それぞれの使いやすい物を利用していると思います。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-784.html

愛用するGoogleChromeエクステンション12個

この2年でノートPC2台購入。自他のPCはクラッシュしてリカバリー。会社のPCは新しいのがあたり、再セットアップ。そんなこんなで、会社はまぁともかくとして、とりあえず全PCが比較的3ヶ月に一度リカバリーしてもいいように、自分用にメモとして残しておきます。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-784.html

文章や会話のプレゼンテーションを向上させる方法

文章力がないためにプレゼンに失敗した、会話がうまくできずにプレゼンに失敗した。こういう経験はなかなか無い。なぜなら多くの場合、失敗したことに気がつかないからです。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-802.html

サイトの裏側の意識を変え売り上げをアップする方法

ネットショップ運営者が、あることをちょっとだけ始めてみただけでわずか5ヶ月で売り上げが3倍になりました。はたして、webサイト運営がどのように変わったのでしょうか。。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-749.html

webサイトのリピーターを増やすさりげない5つのコツ

多くのビジネスサイトのアクセス数を支えている大手検索サイト、Yahoo、Googleのアルゴリズムが変わる事で、突然商売がひっくり返る事態を回避する方法。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-746.html