ホームページを作る人のネタ帳

ばあちゃんな。おれのこと、覚えてないんだよ。

おばあちゃんとの思い出
「ばあちゃんな、俺の事、覚えてないんだよ」
高校3年。私が母親に言ったセリフだった。

私のばあちゃんは痴呆症がすすみ、色々と問題がおきた。
オヤジが死んで、大体1年くらいたった頃だった。

前書き


最近、ネタがあるのにブログがかけない病みたいな感じに陥っている。
そんなわけで、気ままに昔話でも1つ届けたい。ツイッターじゃ決して伝える事が出来ないこともきっとある。


春。ゆきどけ


ばあちゃんが死んだのは私が高校を卒業し、専門学校の入学式の前日だった。
私はそれによって入学式を出ていない。

元々ばあちゃんはずっと遠くで1人でくらいしていた。

色々畑仕事とかしたりして、バイクも好きで、カブに一緒に乗せてもらった事もあった。
大腸ガンをわずらったが、若干人とは違うところから便がでるようになった事以外、完全にガンも克服するほど強い人だった。

しかし、年とともに少しずつ痴呆が進んでいった。
そんな事はもちろんしらなかったわけで、あるとき近所に、といっても歩いて20秒の目と鼻の先の小さな家にばあちゃんが引っ越してきた。

うちの母親がお世話をするということになったんだろうと今になって思う。

引っ越してきて1年。
私は高校3年になった。

真夜中に電話がなる。

ばあちゃんからだった。

「外に沢山の人がいて部屋を覗く!」

こうした電話がとにかく多かった。親父が死んだのが高校1年だったというのもあり、母親もこれには相当まっている様子だった。
恐らくだが、痴呆によって大変になるのは、本人よりも周りなんだろうと、その時感じていた。


おい、あれかってこい


痴呆が進行していくと、記憶が飛び飛びになり、また、人の顔のと思い出の記憶にズレが起こる。
例えば母親の顔を見ても、母親として認識している時もあれば、ちょっと時間を空けると、別の人間の名前を呼んだり、まるでその別人に対して接客するような振る舞いを行う。

私の事も、たまに別の人と間違って接する事があった。

今になってみれば恥ずかしい感情だが、その時は、母親もつかれきっていて「早く死ねばいいのに」と思ってしまっていた。
そのうち徘徊なども始まり、いよいよ苦しい介護が必要になってきた。もちろん母親も仕事をしなければならないので、私も介護を手伝っていた。


高校3年もそろそろ終わりが近づいてきた時、ばあちゃんが、私の事をまた別人だと思ったのかわからないけど、私に買い物を頼んできた。
「おい、黒いカバンと、えんぴつとけしごむかってこい。カバンはなるべく若者が好きそうなのを買ってくるんだぞ」

なんのこっちゃ。
昔はそんな口の聞き方を私にするようなおばあちゃんではなかったので、多分誰かと勘違いしたのだろう。

一応、母親に相談し、買ってきた。
誰かに送るのかなとか、色々思ったけど、よくわからなかった。

「ばあちゃん、買って来たぞ」と言ってカバンを渡した。

するとばあちゃんは、半分泣きながら私に向かってこういった。

「なぁ聞いてくれよ。孫の△△が、高校卒業するんだとよ。卒業式まで生きれるかわからないからコレ、わたしてやりてんだ。でもな、もうどうやって渡したらいいかわからないんだ。どこに住んでるんだっけなぁ」

△△、とは、私の下の名前だ。

おいコノヤロウ。今思い出してもやはり涙が溢れてくる強烈な一言だった。
「ばあちゃんオレだよわからないの?」

何回か泣きながら言ったけど、結局私の事はわからなかったみたいだった。
親父のこともあって、ありがとう、ごめんねって何回も言った記憶がある。

色々あったけど、結局ばあちゃんはその数日後に入院し、亡くなった。



ずっとずっと、小学校の頃、カブに乗せてもらって、大好きだったおばあちゃん。
何回かお盆休みや、夏休みの時に遊びに行って、色んな遊びを教えてくれた人だった。

でも、痴呆って結構壮絶なもんでね、本当に嫌いになった事もあったし、ヒドイ感情が芽生える事も多かった。

私はそうした憎しみだけをもって、最後を送ることにならずにすんだ事に感謝している。
最後にもらった黒いカバンと、鉛筆とけしごむは、専門学校に行く事が決まった祝いだったのか、それとも単に痴呆によって選んだものだったのかは、今はわかりませんが、本当にありがとうと最後に伝える事が出来た。

痴呆のばあちゃんも、ちゃんと私の事を思っていてくれたように、人生色々あるけど、誰かはきっとあなたの事をちゃんとみてるんじゃないかなって、思います。

そして、こんなくだらない話に最後まで付き合っていただき、ありがとうございました。
これからも頑張りたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

それでは、また。

yamada
Posted byyamada

Comments 17

There are no comments yet.

webmonster  

一回きりの人生だから大切に!

お父さんの過去記事読みました。


こういった話を聞くといつも両親に親孝行しようと思うのですが、時間とともに薄れてしまうのですよね。


多くの人は、いなくなってからその大切さに気づく人が多いから、まだ失っていない人は出来るだけ思っているだけではなく行動しなきゃいけないと思います。


僕も迷惑かけっぱなしだったので
今の打ちに親孝行しなきゃ(^^)


良い話をありがとうございました。
1度きりの人生だから大切にしないとですね!


今後ともよろしくお願い致します。

2010/05/27 (Thu) 15:49

たーきー  

No title

母ちゃんのAA思い出しました。

http://tht.blog111.fc2.com/blog-entry-54.html

上の方も言っていますが、ホントこの瞬間の気持ちって
薄れていってしまうんですよね…

ただ、最近は少しずつですが親孝行できている気がします。
恥ずかしくてなかなかできませんが、両親にはきちんと感謝の気持ちを返したいです。

2010/05/27 (Thu) 16:43

t  

No title

よいお話をありがとうございました。

2010/05/27 (Thu) 18:22

もん太郎  

No title

ばあちゃんっ子だったのに、全然恩返しできてねえ…
ってか、さわりだけ読んだけど、泣きそうになったので、
帰って↓の曲聞きながら再度読んでみます。

YouTube - トイレの神様/植村花菜
http://www.youtube.com/watch?v=Z2VoEN1iooE




あと、「ブログがかけない病」…早く治してくださいね♪

2010/05/27 (Thu) 21:58

マヨネーズ  

No title

はじめまして。

3年前に亡くなりましたが、
うちの祖母も痴呆でそのような感じでした。

私は祖母のことをよく思い出すのですが、思い出すことも大切ですね。

よいお話しをありがとうございました。

2010/05/28 (Fri) 08:23

名前を名乗れない人  

No title

似たような内容だったので、
コメントさせてもらいます。

私のおばあちゃんも、痴呆症でした。
私の事をほんとに生甲斐といっていいほど
大事にしてくれていました…。

死ぬ間際まで、私の名前を呼んでくれていたそうです。

この話を読んで、思い出しました。

いいお話をありがとうございます。

2010/05/28 (Fri) 13:33

minmin  

No title

わたしもおばあちゃんっ子でいた。
だいすきだった祖母は7年ほど前に亡くなりましたが、記事を読ませていただいて、
あらためて思い返す機会をいただけました。
良いお話を、ありがとう。

2010/05/28 (Fri) 22:35

MAO  

T△T

うちの祖母も、もう痴呆が進んでいます。

遠くに住んでいるのでなかなか帰省できないけれども、本当は、忘れられているのが嫌って気持ちもあったりして。。。

でも、このまま死んじゃったら後悔するんだろうな。

今年こそは時間を作って帰ろうと思います。

気づかせてくれて、ありがとうございました。

2010/05/29 (Sat) 12:54

bukkeyy  

No Title

私の父・母もかなり認知症が続いています。
まだ 顔はわかってくれるようですが。

東京ガスのCMを思い出しました。

http://www.youtube.com/watch?v=LFjpl_vkq6M

2010/05/30 (Sun) 19:20

緑748  

何処でも同じ様で

姑介護中 もう私の顔もわかりません。でも、夜中に私の名を呼んでいるそうです。頭のどこかに覚えているのです。ただ 今と繋がらない。
一番かわいいお孫さんだったんでしょうね、神様は最後にとてもよい思い出をくれましたね、

2010/05/31 (Mon) 17:03

チューマ  

人間って

いいですね。

きっと初めてのコメントをさせて頂きます。

素人なりに勉強させてもらってます。

どんな世でも、人はこころを求めているのでしょうね。

2010/06/01 (Tue) 00:12

名前はふせておきます。  

泣いた。

素晴らしいエントリーをありがとう。
仕事中なのに泣いた。

2010/06/02 (Wed) 13:00

朕  

;ω;

ymdたんが高校卒業したのがいつ頃かあれだけど、
今日も地域の行政の人と話してて。
そんな話題があったんだぜ。。

今じゃ介護保険制度も充実してるから
家族だけで悩まず
「地域包括支援センター」ってとこに一声かけて欲しい
って行政側が声なきPRをしてたお。。

2010/06/15 (Tue) 19:37

DIS  

認知症治療薬

拝見しました。 ウチの会社では認知症の治療薬を扱っており、患者さまのご家族の心労は、相当なものと聞いています。 もしかすると私も介護する側に立つ日がくるかもしれませんが、その時に、非情な気持ちになったら、この記事を思い返して、温和な気持ちをキープしようと思います。

2010/07/09 (Fri) 17:42

通りすがりです  

No title

このサイトにはお世話になっています。
たまたま発見したサイトだったんですが、こんな泣ける話に出会うとは思いませんでした。。。

キツイけど心に来ました
ありがとうございます

2010/07/14 (Wed) 18:18

通りすがりです  

No title

父方のお爺ちゃんの兄嫁に当たる人が認知症になっていました。

私、つい最近までずっと東京で一人暮らしで仕事してました
辛すぎて辞めたんですが、地元に戻ってから久しぶりにおじいちゃんの兄の家に行ったんです。
そしたら嫁さんが認知症になってたんですよ
久しぶりやなぁ**ちゃん大きくなっていくつになったん?って、何度も聞いて何度も答えてを繰り返してたんです。
認知症になった以外は言葉もハッキリしててむしろマシンガントークで話すんですが…
体も弱いからこどもも作れなくてお父さんが定期的に会いに行ってるんですけどおじいちゃんのお兄さんも大変そうで…

何より小さい頃からよく遊んでもらった人だから忘れられるのが怖いんです。
私のことまで忘れられたらと思うと

ごめんなさい、いろいろ最近気が張ってて思わず通りすがりなのに書いてしまいました。
ここばあちゃん子が多くて好きです。

2011/03/16 (Wed) 04:46

みゆ  

読めてよかった

読んでいて涙がとまりませんでした。
私も祖父母と同居していたから、いいことばかりではけしてなかったけど、でも、そんなこと、飛びますよね。
生きているおばあちゃんに、明日電話しよう。

2012/09/15 (Sat) 23:14

Leave a reply

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • ブログを開設したら必ず読んでほしい参考になるべストブログ2010をビミョーにまとめました☆ どれも記事の流れやレイアウトなどなど参考になる事がいっぱいですので参考にして頂ければ幸いです。 HPを作る人のネタ帳

    2010.12.07 (Tue) 21:37 | WEBで稼いでいた元社長のアメブロ