ユーザーの視線を誘導する3つのユーザビリティ改善方法

  • 2011/01/06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

ユーザーの視点を操作する3つのユーザビリティ
webサイトにおけるユーザーの視線は、なかなか見る事が出来ない代物ではあります。
実際に企業や、あなたが作成したwebサービスが、ユーザーに訴えたい事を、ユーザーにきちんと届ける為に、どのような方法があるのかを考えて見ましょう。

IT/Web業界に強い転職サイトGreen

1)全ての情報を遮断する


手っ取り早い方法としては、あらゆる情報を遮断する方法があります。
つまりその言いたい事意外の情報をあえて隠蔽するわけです。

実にシンプルな方法です。
シンプルなみせかた
ただし、シンプルであるがゆえに非常に難易度が高いです。

なぜなら、配置するテキスト選びは慎重にしなければなりませんし、訴えたい事が多い場合、何をまず訴えるべきかをしっかりと考えて、ユーザーが迷う事なく、そして的確な操作が出来るように誘導して上げる必要があるからです。

1)サービスに対して興味を少しだけ持ってもらう情報を書く
2)サービス開始はちょっと・・・という人のためにクリックしやすいリンクを配置してあげる
3)2択~3択意外のリンクは排除してしまう

また、商品の販売のケースにはこのパターンはあまり使えません。

※悪い例
商品販売のケースだとだめ
大きな違いとしては金品が絡むか絡まないかです。

金品が絡む場合、ユーザーは特に警戒心が高くなります。商品の写真も見ずに本を購入するケースはまれなのです。


2)大きな数字を付け加える事で目線を誘導する


ユーザーが見る物はいつも左側を重点に見ています。
この時、web製作者は大きな2択を迫られます。

1)縦に少し長くしてそのまま読んでもらう方法
これはブログなどがそのいい例です。文章自体、区切りを作ったとしても縦に縦にスクロールしてもらうケースが多いですが、これと同じです。

2)左と右に独立した情報を掲載して、見てもらう方法です。
あまりスクロールさせずに目線のみで訴えたい情報をアピールする方法。

情報がもしも1スクロールほどで収まるならわざわざ縦に長くして『先の見えない状況』を作る必要もありません。
コンパクトにまとまるのであれば(2)の方法が最適です。

そのとき、ユーザーの視線を誘導させる必要があります。

※悪い例
ユーザーの目線1
この形に数字をつけて上げる事で目線を手軽に誘導する事が出来ます。

※良い例
数字で誘導する
これはプリントデザインの基礎の本に大体書いてある方法ですが、webだと意外と使われずに放置されているサイトが多く見かけます。ちょっとした変更で小さな成果を上げます。
そしてこうした小さな積み重ねこそが大きな成果へと変わるのです。


3)人物の存在を活用する


ユーザーは誰かわからない人の写真を視界から消すという恐るべき能力を持っています。
ユーザーの視点
Alertbox: ウェブコンテンツとしての写真(2010年11月1日)

逆に知っている人物、または、興味を持っている人物の場合、その人のプロフィールよりも遥かにその画像を見ている時間の方が長いのです。
こうした特性を利用し、ユーザーの飽きを防ぐ事が出来ます。

これはページをスクロールする事への配慮としても使えるのです。

顔写真の効果

この右メニュー付近に運営者の写真等を使ってユーザーの視点を散らします。
ユーザーの視点をちらす

こうしたユーザーの視点を少しだけ飛散させたりする事ができるのが、顔写真が持つ力です。
flickrやfacebookなどの顔写真にも効果があるようです。

また、ブログ等では記事の下部に顔写真を掲載するのが主流です。

これは、記事に集中してもらい、最後に誰が書いているかをそっと知らせる為です。企業のwebサイトと違い、どちらかと言うとブログは『記事ありき』の為記事よりも遥かに目立つ顔写真を最初に見せたりしないようです。


これらの視点誘導の必要性


基本的には、ユーザーの視点を誘導するなどおこがましいにも程があったりします。
しかし、作り上げたコンテンツを見てもらわないからには、あなたの企業やサービス、ブログは評価もされません。

そのためにどうすれば良いのかと言うのを考えると、結局はユーザーへの配慮が最も重要です。
今回紹介した3つの方法もそうですが、ユーザーにとって

1)わかりやすいか
2)みやすいか
3)選びやすいか


という3つの配慮を複合しています。
いつでもおもてなしの心を忘れないように心がけるといいかもしれませんね。

それでは、また。


スポンサーリンク

トップへ戻る

Twitter版のネタ帳では毎週月曜~金曜までWeb屋さんに役立つ色んな情報や単なるネタまでをつぶやいています。

関連するエントリー

コメント

この記事にコメントする人はクリック

コメントポリシーをお読みください
管理者にだけ表示を許可する

たきブロ No title

顔写真で視点を散らすというのは、目から鱗でした!
参考にさせてもらいます!!

P.S. 最近、更新頑張っておられますね~w

2011/01/07 Fri 15:31| |

FC2Ad

広告


IT・Web業界の求人なら転職サイトgreen(グリーン) ホームページテンプレート、WordPressテーマ、Facebookページテンプレートならクラウドテンプレート ネットマーケティングとは│ネットマーケティング検定 SEOコンサルティング&SEO対策 無料レスポンシブWebデザインテンプレート 広告主募集

あわせて読みたい
フィードメーター - ホームページを作る人のネタ帳

人気の記事一覧

あなたのブログの再訪問者を増やす50の方法

私の経験から感じた事を書き記します。全てが全てその時々で、正しいとは限りませんが、一つの指針としてお使いください。因みに全部リスト化すると230くらいありましたが、それはきっとセミナーとかでやるかなぁと。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-824.html

あなたの生活を確実に拘束し時間を浪費させる動画50

今回は生産性を向上させる事ばかり考えて記事を書いてきたので、逆に年末にかけて忙しい皆さんの時間を出来るだけ拘束し、忙しさを倍増させるものが無いかを考えました。その結果、動画で行こうと言う事になったのが1ヶ月以上前。動画閲覧本数はおそらく600本以上。その中から、おもしろそうなものを50個ベストチョイスいたしました。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-820.html

webデザインのセンスを磨く○○系のwebデザインまとめ

webデザインを学ぶならwebデザインから。と言うわけで、今回は海外のエントリを中心に、○○系のまとめをまとめます。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-817.html

jQueryプラグインのベストトレンド総まとめ2010

もはやこの業界ではかなり浸透しつつあるjQuery。今回はそんなjQueryにスポットを当て、本年度紹介された中でも、ホットなトレンドプラグインをご紹介します。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-816.html

ツイッターの日常における35の行動パターン

私が良く見かける35の行動パターンに名前をつけてみようと思う。年末の誰も見てない時に公開しようと思っていた、ただのネタだったのですが、結構時間がかかりこの時期に・・・。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-823.html

ウェブデザイナーのためのウェブアプリ15

OSがWindowsであろうと、ubuntuであろうと、共通のサービスを受けることができるのがウェブアプリケーションです。ウェブデザイナーの中には、自宅ですでにubuntuを利用している人も多い。また、Mac、Windowsと、各自それぞれの使いやすい物を利用していると思います。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-784.html

愛用するGoogleChromeエクステンション12個

この2年でノートPC2台購入。自他のPCはクラッシュしてリカバリー。会社のPCは新しいのがあたり、再セットアップ。そんなこんなで、会社はまぁともかくとして、とりあえず全PCが比較的3ヶ月に一度リカバリーしてもいいように、自分用にメモとして残しておきます。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-784.html

文章や会話のプレゼンテーションを向上させる方法

文章力がないためにプレゼンに失敗した、会話がうまくできずにプレゼンに失敗した。こういう経験はなかなか無い。なぜなら多くの場合、失敗したことに気がつかないからです。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-802.html

サイトの裏側の意識を変え売り上げをアップする方法

ネットショップ運営者が、あることをちょっとだけ始めてみただけでわずか5ヶ月で売り上げが3倍になりました。はたして、webサイト運営がどのように変わったのでしょうか。。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-749.html

webサイトのリピーターを増やすさりげない5つのコツ

多くのビジネスサイトのアクセス数を支えている大手検索サイト、Yahoo、Googleのアルゴリズムが変わる事で、突然商売がひっくり返る事態を回避する方法。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-746.html