スポンサーサイト

  • --/--/--
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Facebook日本のこれまでの大まかな流れのまとめ

  • 2011/01/25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

Facebook
概要:現在日本ではどのようにFacebookが使われてきているのか
どうでもいい事にイチイチかみつくのがネタ帳クオリティというわけで、本当にどうでもいい事に噛み付くわけですが、朝のテレビ番組で「ソーシャルネットワーク」っていうあの映画の、そう、多分それが話題と言う事で無理やりfacebookの特集が組まれたんだと思います。

するとテレビ中の人が
『Facebookなどのソーシャルネットワークは友達がいない人がするツール』って言うんだ。
いくらなんでもひどい話だ。
とりあえずそんな簡単な話ではないし、そんな小さなツールではない。
今回はFacebookの流れと共に今どのように興味を持たれ始めているのかをまとめて見る。
IT/Web業界に強い転職サイトGreen

もともとは友達同士がするソーシャルネットワーク


日本での使われ方は、海外のそれとは大幅にずれちゃったわけだけど、もともとFacebookはリアル友達同士がするものです。(Facebook誕生時の使われ方はここでは割愛)

この時点でマスコミがどれほどFaceBookについて勉強していなかったのかと言う事が分かってしまって悲しい。いくらなんでも「友達がいない人が始めるツール」という印象を与えるのもどうかと思う。

現在の日本では、それもわからなくもないけど、「多くの人が今そこに居る感じ」と言うのは、おそらく今のところFacebookでしか味わえないスピード感覚かもしれない。また、個人ブロガーも知り合いネットワークからの広がりを利用しやすいため、プラットフォームとしてFacebookを利用し始めている。これは海外で流行り始めた流れと全く一緒です。

SNSのミクシィやGREEなんかもこのFacebookをまねて作られたとも言われていますので日本では独自にFacebookのようなSNSサービスがあるため、流行らないという声もあります。しかし、Facebookはブログとの連動に非常に優れているサービスを提供している為、これらの声もかき消されそうな勢いを感じます。

※はてコメから SNSのミクシィやGREEなんかもこのFacebookをまねて作られた”どれも2004年2月とほぼ同時期なので違う。mixiやGREEがモデルにしたのはFriendstarやorkutでしょというコメント頂いた。上の一文は不適切のため変更しました

興味のある人は始めてみるといいかもしれないですね。
Facebook
Facebookをはじめたばかりの戸惑いそうなことをFAQでまとめ


そんなわけで日本でのFacebookのあらすじ


日本でもはるか昔からFacebookを利用している人もいるし、登録して放置してたっていう私みたいなユーザーも数多くいるかもしれない。

それが少しずつだか確実に利用者は増えてきている。
また、Facebookは、ブロガーさんが利用して、Facebookに人を流すような仕組み作りがうまいため、そういうサービスも充実しているところから、ブロガー利用者が増えてきているような気がする。

ともあれ、流れを簡単にまとめると以下のような感じ。


1)FacebookがGeekの間で静かに火がつき始める。
閃光のようにFacebook(フェイスブック)が爆発した理由

2)多くの利用者同士がまずはどんなのもなのか手探りで、同時に利用し始める。

3)その結果、家族や友人を中心としたリクエストの広がりではなく、無差別なweb上の知合いネットワークが形成されていく。

4)海外のFacebookと大きくずれたのは、web上での知合いネットワークが形成されたため、リクエスト人少数も海外に比較すると、はるかに多くなった。

5)同様にリアル知り合いネットワーク色が弱いため、実写アイコンではない、及び、本名ではない登録が多いのも日本Facebookの特徴となる。

6)海外ではアプリケーションなどの利用によって、住所を抜き取られたり個人情報を抜き取られるといった悪質な騒ぎが多いが、日本はとりあえずアプリを使う傾向にある為、スパムアプリが日本を狙っている。既にスパムアプリの餌食に見事引っかかった人は昨年末から何度も見てる。

7)リクエストが多いため、海外とは全く違う楽しみ方が生まれる。個人間で渡しあう「いいね」の存在感、スピード感は、海外のそれとは全く違う文化となる。これらはファンページを利用すると、残念ながら味わえない。

8)リクエストが多いため、友達5000人MAXになる人増える。その為、Facebookに5000人になったらどうするの?って質問するえらい人が現れる。結果「いや、ファンページ利用してください」という流れに落ち着く。

9)Facebookによる、謎のアカウント削除と復活がたまにある。おそらく下ネタと言われているが原因分からず。実名、実写ではないからと言う声から様々あるが、復活する人もいるので不明。

10)つまり結局ファンページが必要なのかと言う事で、各個人ユーザーがファンページを作成する運動が始まる。その為、個人用アカウントの方の既にリクエスト認証された友達ユーザーを削除し、ファンページにいいね!を押してもらう活動が少し活発化してくる。

11)同時に、膨大に増えたリクエスト者を抱えるアカウントを「公式」とし、新たに少数のみのリクエストを送る「仲のいい人だけアカウント」を作成する人も増える。

12)映画ソーシャルネットワークを見てはじめました^^リクエスト認証お願いします。が少し増える。

13)他人のウォールに「いいね押してください」と、ファンページを宣伝する活動がたまに見られてくる。

14)企業のファンページとはどうあるべきなのかが少しずつ多くの人の興味になってきつつある。これらは流れ的に、今すこし無茶をするとスパムと判断されかねない状況になっている手探り状態のためだと考えられる。

15)企業ファンページでは何を展開していけばいいのかについて、話し合う機会が増える。また、数万円というお金が動き、Facebookセミナーも増える。

16)web屋に求められるスキルのひとつにファンページの作り方が食い込んできている。←いまここ
知らないと損するFacebookファンページの作り方

ざっくりこんな感じでしょうか。
振り返ってみると結構色々なイベントとかありしたが、大まかな流れで言うとこんな感じ。
いよいよ日本でもファンページの存在が少しずつ注目されてきている感じ。

ただし、この流れのまとめは昨年からの物です。つまり以下のユーザー層によって有る程度考え方、捕らえ方が違います。

第1次ユーザー層
元々古くから海外でFacebookを利用している日本人、当時から使っている日本の方が第1次ユーザー層。
なので、現在の「いいね爆発」とか意味がわからないという人も多いし、リクエスト超過も意味不明。
何より、後からきた第2次ユーザー層、第3次ユーザー層が、もっともらしくFacebookを語るのがおかしくて仕方がない。

第2次ユーザー層
Facebookを当時から利用登録したが、あまりアクティブではなかった人達。
第3ユーザーによって掘り起こされ、古くからやっていると言う事で、もっともらしくfacebookを語る。私の事かもしれないぞ。

第3次ユーザー層
とにかく「いいね」のスピード感と、会話のスピード感を楽しむユーザー層。たまたまその中にあまちゃんというカリスマがいた事で、大きな普及への火種となった。このあたりから、初めて見たけどなんだか分からないと言う人がFacebookを逆に批判し始める人も増える。

第4次ユーザー層
第3次ユーザー層が楽しそうと言う事で登録し始めたが、ぶっちゃけ全く楽しさが分からず、ついていけない層。
リア充だけのツールと決め付けられる事もしばしばある。

第5次ユーザー層
映画「ソーシャルネットワーク」や、テレビ、雑誌等でのFacebook熱を見て、とりあえず始めてみましたと言う一般的なユーザー層。一般ユーザーが増えてくることで「外部ブログやサイトのいいねの価値が高くなる」


フェイスブック、ミクシィ、グリーで使われている OGP (Open Graph Protocol) とは何か - IT戦記
でも書かれていますが、FaceBookユーザーが増えてくると、このブログの下にも設置していますが、いいねのボタンの価値が高くなります。
それは一般ユーザーがFaceBookアカウントを持っていれば、誰でも気軽にいいねが出来ます。
その結果、FaceBook内でのユーザーのページにこのブログがさらっと紹介される事になります。
これらの効果はユーザーが増えれば増えるほど高くなります。

現に、アクセスアナライザでの結果として、FaceBookからのアクセスが、この3ヶ月で伸びてきています。


日本で流行るのかという結論を急ぐ事なかれ


この一連の流れの中には膨大な「facebookは日本で流行らない論記事」があります。
インターフェイスがダメ、機能が多すぎる、そもそもmixiやGREE、モバゲーがある、といった様々な記事がありましたが、まぁその辺は横によけておきます。

と言うのも、まずユーザー目線から「楽しいのか楽しくないのか」という部分。
この辺は参加もしてないのに分かるわけないし、参加して楽しくなければそれで終わると思う。終わるなら終わるでまぁ仕方ない。ただ、そういう終わったユーザーが増えれば、ファンページなんて作ってもゴミになるだけで何の役にも立ちませんって言う人が凄く多いわけだけど、そうとは言い切れないと感じます。

例えば1企業、1個人のファンページがものすごく面白いものが誕生したらどうなるでしょうか?
それを見る為だけに始める人がいるかもしれない。
突然ユーザーが増えだす可能性も否めません。

まだまだ先が見えないのは誰もが一緒かもしれませんが、多くの人が望む「楽しい」が生まれれば、私はそれをそっと応援したいなと思います。

と言うわけで私のブログのファンページにいいねしてあげてもいいよって人いたら是非!
Facebook-ホームページを作る人のネタ帳

Twitterもあるよ。
Yamada (yamada_nt) on Twitter

それでは、また。


P.S
ソーシャル中心な社会がやってくる。
ネットワーク社会はいま、ソーシャルネットワークになりつつある。

って、真顔でエライ人達が言ってるんだけど、恥ずかしい気がするのは私だけなんだろうか・・・社会中心の社会って・・・


スポンサーリンク

トップへ戻る

Twitter版のネタ帳では毎週月曜~金曜までWeb屋さんに役立つ色んな情報や単なるネタまでをつぶやいています。

関連するエントリー

コメント

この記事にコメントする人はクリック

コメントポリシーをお読みください
管理者にだけ表示を許可する

soheythere No title

いつも「ネタ帳」をリーダーで読んでいる者です。

私は2005年頃からFacebookを利用しています。上記の分類だと第一ユーザ層になりますね。
大学在学中にクラスメイトに教えてもらい、学内のコミュニケーションツールとして使っていました。その後は無理のないように、チマチマ利用しています。ステータスは週一更新、写真は年に3アルバムほどアップ。

テレビの中の人について一言:
Facebookは、友達なしには利用できません。Facebookの流行にのって登録した知り合いの多くは、Facebook上の友人が少なすぎて早速Facebook離れを経験しています。

日本で流行るかどうか:
Twitterでそうであったように、有名人が利用し始めればどどっと登録者が増えるのでは?
または、日本人の特徴として「熱しやすく冷めやすい」傾向でいくと、たくさんの人が登録するが飽きて元の生活に戻るor限定的に利用する…事になるのではないでしょうか。

2011/01/25 Tue 10:37| |

U No title

mixiはfacebookを真似して作られたものじゃありませんよ。
mixiの方が先です。

2011/01/25 Tue 13:00| |

KJ

リアルでの付き合いが重要な事は普遍でわ?

2011/01/25 Tue 22:49| |

名前を名乗れない人 No title

文末少しひっかかったのですが、

「ソーシャル」は「ソーシャルネットワーク」の略として使われているなら問題なくないですか?

この文脈でのソーシャルは社会の直訳ではなくて
ソーシャルネットワークの略だと捉えるべきでは?

また、ソーシャルネットワークの訳は「社会の繋がり」なんて直訳できず、
ソーシャルネットワークとしか訳せないと思いますよ。

ソーネトとかソーワクとか適当な略名がないから
ソーシャルと呼ぶしかない現状ですよね。

2011/01/26 Wed 07:11| |

MasahideMori 第3次ユーザー層の者です

第3次ユーザー層の者です。
mixiと違って日記とコミュニティがないから何していいのかわかんないよ!状態から、10月の盛り上がりで友達を増やしてみたらFacebookの魅力に取り付かれました。

ファンページはまだ企業も個人も試行錯誤段階ですね。
「Facebook 日本語ファンページランキング」というページを作ってみましたが、きっと数ヵ月後は全然違う結果になっていることでしょう。
http://fbrank.main.jp/

僕はFacebookは日本では、爆発的な普及はしないが確実に利用者を増やしていくと予想しています。

2011/01/28 Fri 09:43| |

通行人 No title

毎回一部で個人情報特定晒し上げが起こる以上、FacebookもTwitterやmixiと同じ道を歩むと思います。

オープン当初は自分の情報をオープンにして和気あいあいするけれど、内部で目を引く発言や反感を買いやすい発言をする人が目を付けられて個人情報を特定され、コミュニティ内部でもユーザ同士が疑心暗鬼に陥り匿名主義へ。
気を使わず、なんでも気兼ねなく発言できるのがネットのいい所だと思うので自分はあまり興味がありませんがね。

2011/01/28 Fri 22:34| |

幻灯機 No title

リアル友達の間だけでSNSを利用したいと思って始める。

リアル友達だけではユーザー数が増えず、また幽霊部員的な人も多いのでニュースフィードの充実を図るために過去の知り合いを掘り起こす。

しかしやはりアクティブユーザーが増えないと、手当たり次第の友達リクエストを出したくなる。

しかしよく考えるとリアル友達でもない(自分の人となりを知らない)人から「いいね!」とか言われてもあまり嬉しくない。

リアル友達を探索する。または過去の知り合いを探索する。以下繰り返し…

2011/08/07 Sun 22:55| |

FC2Ad

広告


IT・Web業界の求人なら転職サイトgreen(グリーン) ホームページテンプレート、WordPressテーマ、Facebookページテンプレートならクラウドテンプレート ネットマーケティングとは│ネットマーケティング検定 SEOコンサルティング&SEO対策 無料レスポンシブWebデザインテンプレート 広告主募集

あわせて読みたい
フィードメーター - ホームページを作る人のネタ帳

人気の記事一覧

あなたのブログの再訪問者を増やす50の方法

私の経験から感じた事を書き記します。全てが全てその時々で、正しいとは限りませんが、一つの指針としてお使いください。因みに全部リスト化すると230くらいありましたが、それはきっとセミナーとかでやるかなぁと。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-824.html

あなたの生活を確実に拘束し時間を浪費させる動画50

今回は生産性を向上させる事ばかり考えて記事を書いてきたので、逆に年末にかけて忙しい皆さんの時間を出来るだけ拘束し、忙しさを倍増させるものが無いかを考えました。その結果、動画で行こうと言う事になったのが1ヶ月以上前。動画閲覧本数はおそらく600本以上。その中から、おもしろそうなものを50個ベストチョイスいたしました。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-820.html

webデザインのセンスを磨く○○系のwebデザインまとめ

webデザインを学ぶならwebデザインから。と言うわけで、今回は海外のエントリを中心に、○○系のまとめをまとめます。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-817.html

jQueryプラグインのベストトレンド総まとめ2010

もはやこの業界ではかなり浸透しつつあるjQuery。今回はそんなjQueryにスポットを当て、本年度紹介された中でも、ホットなトレンドプラグインをご紹介します。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-816.html

ツイッターの日常における35の行動パターン

私が良く見かける35の行動パターンに名前をつけてみようと思う。年末の誰も見てない時に公開しようと思っていた、ただのネタだったのですが、結構時間がかかりこの時期に・・・。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-823.html

ウェブデザイナーのためのウェブアプリ15

OSがWindowsであろうと、ubuntuであろうと、共通のサービスを受けることができるのがウェブアプリケーションです。ウェブデザイナーの中には、自宅ですでにubuntuを利用している人も多い。また、Mac、Windowsと、各自それぞれの使いやすい物を利用していると思います。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-784.html

愛用するGoogleChromeエクステンション12個

この2年でノートPC2台購入。自他のPCはクラッシュしてリカバリー。会社のPCは新しいのがあたり、再セットアップ。そんなこんなで、会社はまぁともかくとして、とりあえず全PCが比較的3ヶ月に一度リカバリーしてもいいように、自分用にメモとして残しておきます。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-784.html

文章や会話のプレゼンテーションを向上させる方法

文章力がないためにプレゼンに失敗した、会話がうまくできずにプレゼンに失敗した。こういう経験はなかなか無い。なぜなら多くの場合、失敗したことに気がつかないからです。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-802.html

サイトの裏側の意識を変え売り上げをアップする方法

ネットショップ運営者が、あることをちょっとだけ始めてみただけでわずか5ヶ月で売り上げが3倍になりました。はたして、webサイト運営がどのように変わったのでしょうか。。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-749.html

webサイトのリピーターを増やすさりげない5つのコツ

多くのビジネスサイトのアクセス数を支えている大手検索サイト、Yahoo、Googleのアルゴリズムが変わる事で、突然商売がひっくり返る事態を回避する方法。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-746.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。