コンテンツのコピペが一般化してきている理由

  • 2011/09/25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

copyright
彼らは、自分が他から見つけた情報を、自分のフィールドに持ち込み、自身がメディアとして紹介します。

他の人が作成したイラストでも、それが面白ければ一度ダウンロードして、自身のメディアに再アップロードします。もちろん、役に立つとおもったテキストも、そのままコピー、ペーストします。

なぜこのような事が頻繁に普通に起きちゃってるんでしょうか。
IT/Web業界に強い転職サイトGreen

小さなソーシャルから、大きなソーシャルへ


これまでmixiやGREE、モバゲーといった囲まれたソーシャルネットワークの中にいた報道精神たっぷりのユーザーが、今まさに外に飛び出してきた形になりつつあります。

Twitterというおもちゃを手に入れたり、mixiページと言っただれでもアクセス可能なツールを手に入れた民衆報道陣は、何かを少し間違えたまま、とにかく他人のモノを手軽に盗み、そして手軽に見せ合っている。

小中学の間でも問題視されている。ネット上のテキストをそのまま感想文に持ち込む事も多い。
昨年2010年、前橋市が主催する詩のコンクール「詩のまち前橋若い芽のポエム」で、金賞作品に選ばれたのもコピペだった。

読書感想文に、ネット上のテキストをそのまま書いて受賞までしちゃった人もいますし、画像投稿サイトで、他の人が書いたイラストを、自分が書いたとmixiに持ち込む人もいます。

もちろん、悪気はないです。
純粋にただそれを紹介することで、自身とつながりをもつ人から、凄いと思ってもらう事が最大の目的です。そこからアフィリエイトにつなげるわけでも、収入につなげる気ももちろんありません。


誰に見せているのかを理解している


大きめのmixiコミュからのし上がってきた来た人と違い、小さなコミュあがりの一般報道の方は、誰に自分が情報を開示しているのかを、明確に理解しています。

これは決定的な理由として考えていますが、大きなコミュにいる人達は、自身の情報は、不特定多数に見られると言うことを理解しています。しかし小さなコミュの方は、自分の発言が、誰に届いているのかと言うのを「把握」しています。

この「把握」しているという状況は、実際に友達にあって、その友達に話をする感覚と大差ありません。

誰かに実際に会って、例えばニュースの話をするときに、それが北海道新聞にのっていたのか、読売新聞にのっていたのか、そんなのはどうでも良くて「新聞で」とソース元を明かすことはあるだろう。

もしくは「テレビでみたんだけど」と話す。もちろん、朝バナナが良いという話が出たならば、そのコンテンツをそのまま伝えるだろう。もちろんこの行為はコピペと程遠い話ではあるが、これが全ての始まりではないだろうかというのが私の考え。

友達に話すだけなのだから、コンテンツをそのまま自分のフィールドに持ち込んで紹介したりする事に、なんの問題もないという結論になる。

そしてもう一つ。彼ら、彼女達にとって、自分のフィールドというのが、本来の考えとはまた違ったものになっている気がする。


自身のフィールドは、ツールやサービスではない


彼らにとって自身のフィールドは、自分自身なのだ。
ツールではなく、あくまでも自分。

年代が若ければ若いほど、そう考えても不思議はない。もちろん、自分の顔写真を出すことになんの抵抗もない。なぜならそのフィールドは自分だからだ。

これはPC端末からのアクセスではなく、ケータイからのアクセスユーザーに多い。
以前書いたとおり、世界に繋がっているという感覚ではなくて、友人達と、さらにその友人の友人達程度への公開と考えている。

日本や世界の立ち位置など、どうでもいいのです。
大事なのは、こうした自分にかかわりを持ちそうな人達の中での立ち位置を確立し、周囲のごく少数とコミュニケーションを完結することが目的なので、そこには悪意も無ければ、著作権意識ももちろんない。

当然ながら、まわりも同じ事をしているので、悪い事ではない、もしくは、少し悪い気がしているが、みんなやっているからきっと大丈夫なんだという意識があるように思えます。

たしかにネット上にはグレーゾーンも多い。クレジット表記をする事で解決するものもあるが、とにかく最近はそれすらもない。自分が書いたと言ってしまうことも多々ある。

私も偉そうなことは到底いえないのですが、少しずつでいいので、世の中の教育が変わって行く事を願いたい。これらのコピペを行う多くの人は、悪気が無い上に、教えられる事も無い。自分が友達に教える感覚の、何が悪いのかがわからない状態で様々なツールが手に入ってしまうのが、現在のコピペが広がる原因では無いだろうかと思います。

ふとそんな事を考えてしまったのでつらつらと書いてしまいましたが、もっと別のなにか理由があるのかな・・・。

みなさんはどう感じていますか?

それでは、また。


スポンサーリンク

トップへ戻る

Twitter版のネタ帳では毎週月曜~金曜までWeb屋さんに役立つ色んな情報や単なるネタまでをつぶやいています。

関連するエントリー

コメント

この記事にコメントする人はクリック

コメントポリシーをお読みください
管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

広告


IT・Web業界の求人なら転職サイトgreen(グリーン) ホームページテンプレート、WordPressテーマ、Facebookページテンプレートならクラウドテンプレート ネットマーケティングとは│ネットマーケティング検定 SEOコンサルティング&SEO対策 無料レスポンシブWebデザインテンプレート 広告主募集

あわせて読みたい
フィードメーター - ホームページを作る人のネタ帳

人気の記事一覧

あなたのブログの再訪問者を増やす50の方法

私の経験から感じた事を書き記します。全てが全てその時々で、正しいとは限りませんが、一つの指針としてお使いください。因みに全部リスト化すると230くらいありましたが、それはきっとセミナーとかでやるかなぁと。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-824.html

あなたの生活を確実に拘束し時間を浪費させる動画50

今回は生産性を向上させる事ばかり考えて記事を書いてきたので、逆に年末にかけて忙しい皆さんの時間を出来るだけ拘束し、忙しさを倍増させるものが無いかを考えました。その結果、動画で行こうと言う事になったのが1ヶ月以上前。動画閲覧本数はおそらく600本以上。その中から、おもしろそうなものを50個ベストチョイスいたしました。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-820.html

webデザインのセンスを磨く○○系のwebデザインまとめ

webデザインを学ぶならwebデザインから。と言うわけで、今回は海外のエントリを中心に、○○系のまとめをまとめます。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-817.html

jQueryプラグインのベストトレンド総まとめ2010

もはやこの業界ではかなり浸透しつつあるjQuery。今回はそんなjQueryにスポットを当て、本年度紹介された中でも、ホットなトレンドプラグインをご紹介します。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-816.html

ツイッターの日常における35の行動パターン

私が良く見かける35の行動パターンに名前をつけてみようと思う。年末の誰も見てない時に公開しようと思っていた、ただのネタだったのですが、結構時間がかかりこの時期に・・・。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-823.html

ウェブデザイナーのためのウェブアプリ15

OSがWindowsであろうと、ubuntuであろうと、共通のサービスを受けることができるのがウェブアプリケーションです。ウェブデザイナーの中には、自宅ですでにubuntuを利用している人も多い。また、Mac、Windowsと、各自それぞれの使いやすい物を利用していると思います。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-784.html

愛用するGoogleChromeエクステンション12個

この2年でノートPC2台購入。自他のPCはクラッシュしてリカバリー。会社のPCは新しいのがあたり、再セットアップ。そんなこんなで、会社はまぁともかくとして、とりあえず全PCが比較的3ヶ月に一度リカバリーしてもいいように、自分用にメモとして残しておきます。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-784.html

文章や会話のプレゼンテーションを向上させる方法

文章力がないためにプレゼンに失敗した、会話がうまくできずにプレゼンに失敗した。こういう経験はなかなか無い。なぜなら多くの場合、失敗したことに気がつかないからです。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-802.html

サイトの裏側の意識を変え売り上げをアップする方法

ネットショップ運営者が、あることをちょっとだけ始めてみただけでわずか5ヶ月で売り上げが3倍になりました。はたして、webサイト運営がどのように変わったのでしょうか。。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-749.html

webサイトのリピーターを増やすさりげない5つのコツ

多くのビジネスサイトのアクセス数を支えている大手検索サイト、Yahoo、Googleのアルゴリズムが変わる事で、突然商売がひっくり返る事態を回避する方法。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-746.html