Webサービスをリリースする前に確認しておきたい5つの問題点

  • 2012/10/17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Webサービスをリリースする前に
多くのWebサービスが立ち上がり、そして消えていったこの5年。
それでもまだまだ斬新で面白く、無料、もしくは低価格ではじめることができるサービスが多数あります。

そんなわけで今回は、Webサービス立ち上げ時のユーザビリティの報告をまとめたいと思います。

おさえておきたい昨今のソーシャルゲームの現金回収どころ

  • 2012/08/03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソーシャルゲーム
ここの所ソーシャルゲームのCMがバンバンはいっていた時代が少しだけ終焉を迎えたイメージはありますが、まだまだソーシャルゲームは「常時小銭が大量にはいる状態」には変わらず、人気ゲームコンテンツとなっています。

理由としてはわざわざPS3、箱といったハード本体を起動する必要がなく、片手にもてるガラケーやスマホを起動するだけで、どこでも参加出来るところが最大のポイントですよね。

今回はこうしたソーシャルゲームのおさえておきたい現金回収のハイライトをおさらいしてみましょう。

「Facebookは儲かるそうなのでFacebookの始め方を教えて下さい」への返答

  • 2012/04/27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook
最近旭川で、何があったのかわからないけど「facebook儲かるんでしょねぇねぇなんなのどうすればいいの」と聞かれることが増えてきた。そんなわけで、とりあえず皆様には
『ネタ帳 Facebookは儲かる』
でGoogle検索してくださいと伝えて、いったんその話しをブロックさせて頂きたい一心で、この記事を作ることに決めました。

そもそも、そんな同じ話を毎回毎回説明するもの大変でして・・・。

成功しているWebデザインの重要な要素

  • 2012/04/27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘッダーメニューバー
まれにWebサイトを設計する上で、意外と軽視されがちというか、深く考えずにずらずらとコンテンツが横並びされるパーツ。それが『メニューバー』です。今朝色々と見て回っていたら、あぁ確かにと思った記事があったので、今回はメニューバーに焦点を当ててみようかと。

Facebookが就活に勝つ!?Facebook人事はかなり当てにならない

  • 2012/04/23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

就職活動とFacebook
就職活動にFacebookが効いてしまうという日本において、学生たちは塗固めたくだらないキャラクターを作るだけで良いという状況が続いているようで。

卒園式から学んだ顧客の記憶に残る感動の作り方

  • 2012/02/21
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

忘れられない思い出
私が忘れられない記憶の一つに、娘の幼稚園の卒園式がある。
それは心に刺さるイベントだった。いや、単に子供成長がうんぬんという話ではなく、忘れられない思い出を作ってもらったと言ったほうが正解だ。

「記憶に残る」というのは、ひとの心にやはり感動があったからにほかならない。今回はマーケティングを学ぶと同時に、人の心に残るマーケティングについて考えてみたい。

3000万人の会員数を誇るGREE利用者があまりにも回りにいないので調べた結果、本当に住む世界が違ったという話

  • 2012/02/01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ことの発端はこれなんですけどね。
GREE
果たして自分は、本当に日本の特定の3000万人と接しない生活をしているのだろうか?ここがポイント。

ソーシャルゲームはネアンデルタール人の装飾品に対するブランドを創造するのと似ている

  • 2012/01/18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

貝の装飾品
このところ、ソーシャルゲームとはなんなのか?
という話題が上がっているのですが、本質的な部分としては、タイトルに上げたとおり、太古のネアンデルタール人の話まで遡れば、それがどういう世界で、どういうゲームなのかというのはわかりやすいんじゃないかなと思った次第で。

「わかってもらえない」ダメな企業サイトになるための3つの条件

  • 2011/11/22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

わかりやすいWebサイトを作る
多くのWebサイトが乱立するなか、ユーザーに対してわかってもらうという課題があります。
出来るWebページは、この「わかってもらう」事が最も重要であり、そしてこの課題をキッチリクリアしています。はたしてわかってもらえるWebサイトとは一体どんな工夫がなされているのでしょうか。

mixiページの本当の戦いはこれからだ!群雄割拠の三勢力の争い

  • 2011/10/21
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

mixiページの戦い
少年ジャンプの急遽打ち切りになる最終回に「本当の戦いはこれからだ!」っていう名言がありまして。
結論でました・・mixiページは企業にとって全く意味なし

mixiページでフォロー数100以上あっても誘導0。この日だけでは無くてずーーーっと0。
そして複数のフォロワー数100~200のサイトで確認したけど、どこもmixiページからの誘導0。綺麗なほどに0。
まったく誘導できない。だって大半が相互フォローだから・・・。Facebookページでいいね、つまりファン数が200あれば、ちゃんと運営すれば1日数十人くらいは誘導できるのです。

どうだろうね?
既にユーザー抱えている企業からしてみると結構有用なツールだとも思るよね?ましてや1サイトの、しかも相互フォロワーページからのアクセス0なんていう数字はまるで当てにならない。

事実、私が受け持っているクライアントはmixiページから、一日500UUくらいはある。言いすぎた、10UUはある。ただ、男性ユーザーも多いし、何より若い人だけという事ではないのは事実です。
なんてって相手にしているユーザーが凄くよく見える大衆ツールなんだし、活用次第では素晴らしいものになるとおもうのです。

スポンサーリンク

FC2Ad

広告


IT・Web業界の求人なら転職サイトgreen(グリーン) ホームページテンプレート、WordPressテーマ、Facebookページテンプレートならクラウドテンプレート ネットマーケティングとは│ネットマーケティング検定 SEOコンサルティング&SEO対策 無料レスポンシブWebデザインテンプレート 広告主募集

あわせて読みたい
フィードメーター - ホームページを作る人のネタ帳